【見通し】20日香港株=軟調か、米国は休場 利益確定売りも

FXブログ
【見通し】20日香港株=軟調か、米国は休場 利益確定売りも

20日の香港市場は軟調か。前日のNY市場は奴隷解放記念日で休場だったことから、手掛かり材料に乏しい上、欧州で独DAXと仏CAC40 が下落しており、香港市場でも売りが広がりそうだ。

 また、ハンセン指数は前日に終値で2.87%高と大幅に反発。心理的節目の18000ポイントを回復し、6日以来、約2週間ぶりの高値を付けた後とあって、利益確定の動きも予想される。

 一方、前日の香港市場では、「国家隊」と呼ばれる政府系ファンドがETFを購入したと伝わったことで投資家心理が改善したほか、米国の利下げ期待なども引き続き相場の支えとなりそうだ。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】20日香港株=軟調か、米国は休場 利益確定売りも

見通し 20日香港株軟調か 米国は休場

今後データセンター部門はさらに高い伸びが予想されています。将来の成長が期待されているために、他の半導体メーカー以上に会社見通しへの関心が高いといえます。

同社の決算実績や会社業績見通しが市場予想を下回った場合には株価が調整し、株式市場全体も下落する可能性も考えられます。その場合には、市場予想を下回った要因などを見極め、冷静に投資判断をしていきたいと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました