[ポンド米ドル]BOE政策会合

[ポンド米ドル]BOE政策会合
(ポンド米ドル日足)

昨日発表された英5月CPIは前年同月比で2.0%と予想通り前月の2.3%から低下。CPIコア指数も3.5%とこちらも予想通り前月の3.9%から低下するなどインフレ鈍化を確認。しかしサービス価格のインフレ率が5.7%と予想を上回ったことで発表後のポンドは買いが先行。発表直前に1.2700まで下落した反動もあり1.2740まで上昇。
今日はBOE政策会合が開かれるが政策金利は据え置きと予想される。ただ、利下げ支持のメンバーは増加していることから、次回の会合での利下げが示唆される可能性もある。
S&Pによると次期政権は財政状況の逼迫により困難な多くのトレードオフに直面するとの見通しと警告。政情不安も燻る中で政策会合後のポンドの下振れリスクには注意したい。

ポンドドル予想レンジ:1.2740(BB中心)~1.2640(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ポンド米ドル]BOE政策会合

BOE政策会合”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました