牛乳と思ったら乳飲料 何が違う?

牛乳と思ったら乳飲料 何が違う?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 牛乳と思ったら乳飲料 何が違う?

牛乳と思ったら乳飲料 何が違う

脱脂粉乳と聞くと、戦後の給食で牛乳の代用品として飲まれていたイメージが強いのではないでしょうか。

学校の給食などでよく飲んだ白い「牛乳」は100%生乳で作られるため「牛乳」に該当しますが、コーヒーミルク は乳製品以外のものが加えられた飲み物であるため「乳飲料」に該当します。一方、スーパーの乳製品コーナーにある「カルシウム増量」や「低脂肪タイプ」とパッケージに書かれている製品は「加工乳」に該当し、「牛乳」として分類されません。これらの加工乳は牛乳を原料にして特定の成分を強化(カルシウム)または低減(乳脂肪)させたものなので、牛乳とは別のものとして区分されます。

牛乳は慣れ親しんだ食品ですが、知名度に比べてその生産過程や成分については漠然としか分かっていない人が多いです。そのため、誤解される部分も少なくありません。果たして、実際はどうでしょうか。

ベジタリアンやビーガン、または牛乳アレルギーがある人のための代替乳として注目されているのが植物性ミルクです。特にここ数年では健康意識や温室効果ガスによる異常気候への関心が高まり、菜食に切り替える人が増えていることから、植物性ミルクの需要も世界中で急増しています。

乳固形分(牛乳中の水分を除いた成分)が3.0%以上のもの。

牛乳にはタンパク質が豊富に含まれていることから、運動をする人の強い味方にもなります。運動前に牛乳を飲んで糖質(乳糖)を少し摂取することで、運動中の急な血糖値低下を抑えてより長くパフォーマンスを維持して運動を続けることができ、筋タンパクの分解も抑制できます。

しかし、カルシウムやたんぱく質は牛乳よりも多く含まれており、手軽に栄養を摂取できます。

スキムミルクは保存性が高く、カルシウムやたんぱく質を気軽に摂取できるため、牛乳の代わりとしておすすめです。

植物性ミルクには様々な種類があります。代表的なのは豆乳(大豆)ですが、最近ではアーモンドミルク(アーモンド)やオーツミルク(オーツ麦)、マカダミアミルク(マカダミアナッツ)、ライスミルク(お米)なども販売されています。特にライスミルクはナッツ類アレルギーや大豆アレルギーの方も飲めるのが強みです。また、牛乳と違って常温保存ができ、保存期間も長いというメリットもあります。

スキムミルクは生乳や牛乳から水分や脂肪分を取り除いたものなので、牛乳よりもカロリーが低い特徴があります。

スキムミルクは牛乳よりも長期保存に向いており、常温での保存ができる点から防災備蓄としての活用も可能です。

スキムミルクは牛乳よりも賞味期限が長いため、長期保存できるメリットがあります。

このように牛乳は私たちの生活に馴染みのある飲み物ですが、誤解されている部分もたくさんあります。今回は、そんな ”牛乳”について様々な観点から見てみたいと思います。

「乳脂肪」という単語から、牛乳を飲むと太りやすいと先入観を持ってしまうかもしれません。しかし、牛乳を飲むだけで太るわけではないので、このような心配は不要です。 太る理由は乳脂肪など脂肪そのものの摂取ではなく、摂取エネルギー量が消費エネルギー量を上回り、余ったエネルギーを脂肪に変えて蓄えるためであります。

忙しい現代社会では、必要な栄養素をしっかり摂ることができない日もあるでしょう。朝食や昼食が疎かになる、運動する前に何かを食べる時間が取れないなど、栄養補給がどうしても難しいとき、牛乳を含む乳製品は不足しやすい栄養分を手軽に補える食品です。最近乳製品を摂る機会が少なくなっているのであれば、まずは一つ、乳製品を食生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました