【テクニカル】ポンド円テクニカル一覧=5日線が支持水準に

【テクニカル】ポンド円テクニカル一覧=5日線が支持水準に

参考レート 201.07円 6/21 1:37

パラボリック 198.36円(実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)

5日移動平均線  200.56円(前営業日200.43円)

21日移動平均線  200.00円(前営業日199.92円)

90日移動平均線  194.12円(前営業日193.98円)

200日移動平均線 188.70円(前営業日188.64円)

RSI[相体力指数・14日]

 62.64% (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)

2σシグマ[標準偏差]上限 201.50円

2σシグマ[標準偏差]下限 198.58円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標

MACD[12、26] 1.05 vs 1.14 MACDシグナル [かい離幅 -0.08]

(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(川畑)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】ポンド円テクニカル一覧=5日線が支持水準に

スキャルピング向けのテクニカル指標を選ぶポイントは3つあります

初めに、テクニカル指標と株やFXで使う分析方法を紹介します。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

2つ目のポイントは、シンプルなテクニカル指標を使うことです。

チャートに表示させるテクニカル指標は、多くても3つまでにとどめましょう。

FXで勝つならテクニカル分析を学ぼう!

スキャルピングの勝率をアップさせるにはテクニカル分析が重要です。

テクニカル指標は「インジケーター(Indicator=表示、指針)」とも呼ばれ、数十種類も存在しますが、すべてを使う必要はありません。私も使いやすい指標を5つに絞り、その中から2~3個を組み合わせてスキャルピングで使っています。

テクニカル分析でスキャルピングの勝率を上げるには、8つのコツがあります。

テクニカル指標は単体よりも、トレンド系・オシレータ系を組み合わせた方がサインが強くなり、予測精度がアップします。

スキャルピング向けのテクニカル指標を選ぶポイントは3つあります。

相場の未来を予測してくれる「みらい予測チャート」や自動でテクニカル分析をして売買のシグナルを表示してくれる「お天気シグナル」は必ず使うべきツールだ。

テクニカル面での焦点は、先週13日の分析記事で指摘した166.50レベルのトライ&ブレイクである。

A. テクニカル分析をしなくても利益を出すことは可能です。

記事内容を実践すれば、使いやすいテクニカル指標を使ってスキャルピングの勝率をアップできますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました