【見通し】株式明日の戦略-材料難の日に乱高下、欧州リスクを見極める局面

FXブログ
【見通し】株式明日の戦略-材料難の日に乱高下、欧州リスクを見極める局面

20日の日経平均は3日続伸。終値は62円高の38633円。

 前場で大きく下げて、後場に下げた分を戻すという不安定な動きとなった。押し目買い意欲が強かったというよりは、前場で無駄に下げただけという印象。今の日本株は弱い動きが出てくると脆いことが印象づけられた。

 東証プライムの騰落銘柄数は値上がり746/値下がり840。TOWAやイビデンが大幅上昇。株主優待実施が好感されたメディア工房は買いが殺到してストップ高比例配分となった。日本取引所グループがTOPIXの新たな改革案を公表したことを手がかりに、ワークマン、カバー、GNIなど、スタンダード、グロース市場で時価総額の大きい銘柄が物色された。

 一方、内部統制報告書において開示すべき重要な不備があったと発表したニデックが大幅安。日本郵船など海運大手3社がそろって下落した。三菱UFJや三井住友など銀行株が軟調。新株予約権の発行が嫌気されたブライトパスバイオが急落した。

 本日は3社が新規上場。Postprimeは公開価格と同値でスタートした後、ストップ高まで買い進まれた。WOLVES HANDは初値は公開価格を上回ったが、終値は初値を下回った。タウンズは初値が公開価格を下回り、終値も初値を下回った。

 休場前の米国株に欧州情勢を警戒するような動きは見られなかった。そのため、本日の米国株が下げたとしても落ち着いていれば、日本株の下値は堅いと思われる。一方、米国で欧州を警戒するような動きが出てくるようだと、週末を前にリスク回避の動きが出てくるだろう。6月末から7月にかけてはフランスやイギリスで選挙があり、欧州関連のニュースが多く出てくると思われる。これが欧州だけのリスクなのか、グローバル株式市場のリスクになるのか、まずは休場明けの米国の動向が大きく注目される。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】株式明日の戦略-材料難の日に乱高下、欧州リスクを見極める局面

見通し 株式明日の戦略材料難の日に乱高下 欧州リスクを見極める局面

先駆して回復した007は、間もなくこの反動高の調整を終えるので、今後の株価は注目されますね。丁度、湖面に波紋が広がっている光景です。市場全体が回復している途中とのイメージの解釈で良いのでしょう。この回復の輪が、どんどん力強く広がり、そのスピードが上がると良いのですが…。市場全体をけん引するスター株の誕生が待ち望まれます。へぇ、スミダ6817も上がってきたのですね。欧州関連で、今年初めに注目していた銘柄です。まぁ、環境が良くなれば、いくらでも儲かりますからね。やはり経済の基本である信用創造は大切ですね。市場に信用創造の回復が浸透すれば、昨日のFTのレポートのように、好循環のサイクルが次々に生まれます。トマ・ピケティが書いた「21世紀の資本論」では、資本取引の富は、労働による富の7倍だと言います。株式取引は、その最たるものなのでしょう。

また、別の日はたまたま1日時間があったので、慣れない東京時間でトレードしたところ往復ビンタを喰らい、自分の中では1日の損失としては最大の約140pipsほど負けました。 この時、『東京時間は普段やらない時間帯だし、収支計算から除外しようかな』などと負けを受け入れられないでいました。 午後になって、また及川先生のYouTube動画でたまたま『トレードを人生に置き換える』の回を見て、ガツンと頭を叩かれた思いがしました。 思い返せばこれまでの人生の中で散々『負け』に適当に折り合いをつけ、何となくのらりくらりと生きてきたなと。 ただ、トレードの世界ではそれは通じないんだと。 そして1度頭をリセットして欧州時間のトレードに臨み、1発目は損切したもののしっかり受け止め、そこからNY時間も含めて何とか取り返し、マイナス6pipsでその日は終えることができました。

今回ご質問させて頂きたいのは【欧州時間の戦術】についてです。 動画を拝見し続けて師匠から授かった(真似た)戦術を勝手ながら自分の中で大きく3つに分類しております。 以上の認識で師匠のお教えと相違無いか、足りない箇所、不足している箇所を大変恐縮ながらご教示いただければ幸いです。

↑僕もNY時間は得意な方ではありませんので やるときも欧州時間より慎重です。

さて全体相場が強い中での…、株式コード後半で「な行」の新規かたる銘柄候補の発表です。ジオフェンスと言うのは、GPSの位置情報を利用したスマフォへのソフト提供ですね。指定されたエリアに、スマフォを持った人が入ると、お買いもの情報やクーポンが自動的にスマフォに送られ、消費を刺激するサービスです。今秋に上場が予定されるリクルートが、熱海で実証実験を行っています。まだ実験の段階ですね。実はこのサービスは、大きく伸びると考えており、渋谷での取り組みに注目しています。外国人が渋谷に来ても複雑化する地下街は分かりにくいものです。そこで地域の地理案内(おそらくKDDI)や、お買いもの情報を提供する会社(NSW)です。その中で登場してきたのが、この新規かたる銘柄候補の会社です。NSW「日本システムウエア」(9739)です。

例えば世界中の株式市場がイケイケなら 為替を含む多くの市場が買いで活況になりますし その逆も然りです。

一方、ナノキャリアなども収益面からの目途は立たず、単なる値戻しに過ぎないのでしょう。カタルがJ・TECを再推奨しているときに、ナノキャリアの方が素質は上かも知れないと述べていました。丁度、株価は1000円を割れていた時ですね。でも夢を追うのは007だけで、充分ですね。ナノキャリアも大きく下げたので、その反動もあるのでしょう。此処に来ての材料を、カタルは聞いていません。おそらく株価波動のリズムですね。ロボットも駄目、バイオはJ・TECは黒字化が見えており、変化率が高いので期待されますが…このような過小資本銘柄を、どんどん買うのはやはり反対ですね。カタルは貸借銘柄の人気株を攻めるべきかと思います。アイフルとケネディクスを、以前から掲げています。アイフルは目先業績の改善もあり、素人受けします。しかしリファイナンスの動きがあるのでしょう。公募が控えている可能性があります。ただ表面上の利益だけでの公募は安全基準に抵触する可能性が高く、やるなら第三者割当でしょうね。銀行の借金を株式に変えれば良いのです。

>オージーシリーズや金利や株式指数なども含めた相関を意識すればよいのでしょうか?

おそらく無駄なことをしているからここまで勝率が悪いのであってこの負けをそぎ落とすことが重要だと思っているのですが、そぎ落とす際の検証作業でどのようなことをどのような観点で見ていけばよいのかアドバイスをお願いします。 オージーシリーズや金利や株式指数なども含めた相関を意識すればよいのでしょうか? 勝っているトレードの類似点と負けているトレードの類似点の相違点を見つけるときのコツなどを教えていただけますか? また検証以外でも勝率を上げることのできるやり方等がありましたら教えてください。

かたる:昨日はなんと、あのトヨタが、かたるがデータを集めいている高値更新リストのトップに躍り出てきました。このリストは、過去2か月間の高値を更新してきた人気株の時価総額上位の順に、ランキングされるように設定されたリストです。早くに、キャノンが欧州景気の回復から登場し、最近はNTTがリストアップされ、とうとうトヨタの登場です。カタルは小型株現物株では、資金が吸収しきれずに、「貸借銘柄」を人気株に持ってくる努力が必要と…これまで、何度か説いて来ました。その橋渡し役としてアイフルとケネディクスを選別してきたのです。目先の表面上の利益が良かったリファイナンスが絡むアイフルは、仕掛け筋が存在しているからですね。

株も同じです。人により価値観は様々で、株式市場はみんなが良いと思わないと駄目なのです。僕自信は、もっと価値が高いと思っても、市場参加者がそう考えないと株価は上昇しません。株価が上がる過程には、様々な紆余曲折が存在します。まぁ一つの試練ですね。どんなに環境が悪くでも、上がるものは素質があれば、必ず、上がるものです。珍しく007は、下げているようですね。もともと僕は少し休んだ方が良いと考えていました。信用規制が切っ掛けのようですが、この運用も恣意的ですね。僕にはどういう基準なのか、さっぱり理解できませんが、どんな形にせよ、休みを強要したので、相場の質は高まりますね。このような試練があって相場は育って行きます。順風満帆で株が右肩上がりを続けることはありませんからね。先駆した株は全体市況のムードが変われば、お役御免なのでしょう。カタルは、また買うかもしれません。ただどうやって株数を増やすか…考えている最中で、買い続けられれば一番ですが…、資金には限りがありますからね。困ったことです。

メディアは自らの影響力をよく認識して、国民を教育しなくてはなりません。異次元緩和やアベノミクスだけで、日本の失われた時代から脱出は出来ませんね。安倍政権は頑張っていますが、それ以上に、NHKや日経新聞など大手のメディアは、国民を教育する必要があります。カタルは日々の株式相場の解説を通じて、資本の効率化の一助になれれば…と考えています。株式市場には様々な選択肢が存在します。自分が一番いいと思うリスクを選択し、チャレンジすればいいのです。他人依存の生活は止めましょうね。

カタルがここで述べたいのは、利益の質について…です。昨日はアドウェイズやエイチームなどが、LINEが上場すると報道されたので、株価が大幅高したと言います。どんな関係があるのか…カタルは知りませんが、仮にLINEの株式を持っていたとしても、一過性の利益に過ぎません。ソフトバンクが保有するアリババもそうですね。連結納税で持ち株比率が高ければ反映されますが…。基本的に一過性の利益です。そんな材料を崇める方がおかしいのです。ソフトバンクとITモバイルの話が報じられていますが、米国の公取が認可するかどうか…。仮に認可しないとなると、10億ドルの違約金を払うとか報道されていますね。僕には、やはり現状のソフトバンクは買えませんね。

いや驚きました。今、かみさんがコーヒーを淹れてくれたのですが…株式教室で利益の質の説明の時に『ネスプレッソ』の事を書きましたね。あのカプセルは一つ75円だとか…。確かに街のコーヒー屋は200円程度なのでしょう。高島屋隣のコーヒー屋は800円程度だったかな?それに比べれば格段に安いが…毎日、飲むコーヒーですからね。因みにロンドンに住む娘が現地で買ってくるとカプセル一個40円だと…今、かみさんが言っていました。ほら…利益の質って、考え方は大切でしょう。同じ利益でも質が問題なのです。だからDENAは遺伝子検査に乗りだし、ヤフーも参加しますが…発想が貧困ですね。僕が指導したいくらいです。僕は、DENAは教育分野に力を注ぐべきだと思います。ゲームの面白さを活用した教育プログラムを開発すべきですね。大手の塾と組んでも良いのです。

残念ながら、NSWは非常にいい銘柄ですが…仕掛け筋は存在してないようです。何れ誰かの関心を生み、外資系のファンドの参入もあるでしょう。三菱化工機などは、明らかに欧州系だろうと思いますが…外人ですね。このNSWはITバブル期に12890円の高値を付けています。その後株式分割です。だから高値は6445円ですね。この内容からみると…下値ボックスの高値1430円を抜くのは、時間の問題だろうと思いますが…株は何が起こるか分からないものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました