万博 メタンガスへの対策を発表

万博 メタンガスへの対策を発表
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 万博 メタンガスへの対策を発表

万博協会も夢洲1区以外でメタンガスは発生していないと発表した

「トンネル工事の事前調査でメタンガスが見つかったことは大阪市議会で報告され、防爆対策措置の予算が計上されているため、(万博協会がメタンガス検出について知っていることは)明らかであるという認識です」

2025年大阪・関西万博の会場で3月に起きた爆発事故を巡り、日本国際博覧会協会(万博協会)は24日、...

懸念されるのは万博のメイン会場で、パビリオンが建設される「夢洲2区」の安全性だ。

事故が起きたのは3月28日、万博の屋外広場併設のトイレの建設現場だ。広場や交通ターミナルとなる埋め立て地「夢洲1区」は廃棄物が埋められ、溶接作業の火花が地中から発生したメタンガスに引火したと発表された。

万博協会は5月30日になって突然、ホームページで、「パビリオン工区(夢洲2区)の4カ所で低濃度のメタンガスが検出された」と発表したのだ。

【速報】万博協会「メタンガス」への安全対策を発表 換気設備追加し測定値を毎日公表 3月に爆発事故 協会「フルスペックの対策」

吉村知事は事故後、「パビリオンが建っているところは、下に埋まっているのは土砂ですので、そういったガスが出ない」(4月13日の読売テレビ『ウェークアップ』)と強調。万博協会も夢洲1区以外でメタンガスは発生していないと発表した。

2025年の大阪・関西万博の建設現場で「メタンガス」の爆発事故が発生したことを受けて、万博協会は24日、爆発が起きたエリアでの換気設備の設置や、ガス濃度の測定値をホームページで公表するなどの開催期間中の安全対策を発表しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました