温泉街のタクシー消えた 旅館苦慮

FXブログ
温泉街のタクシー消えた 旅館苦慮
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 温泉街のタクシー消えた 旅館苦慮

温泉街のタクシー消えた 旅館苦慮

戸倉上山田温泉街(千曲市)の有志らでつくる「温泉イーツ実行委員会」は、旅館やホテルなどの料理デリバリーを金、土曜日限定で8日から始めた。配達料は500円で、温泉街にある亀清旅館の創作懐石弁当、笹鈴製菓の「温泉まんぢう」など、登録する約10店の料理を注文できる。

温泉津の温泉、旅館、店舗、サービス、観光スポットをご紹介します。

大分県を代表する観光地、天ケ瀬温泉街がある日田市天瀬町が「タクシー空白地」となっている。町で唯一タクシー事業を展開していた「天瀬観光」(梶原英文社長)が、採算が取れないとして3月末で事業を廃止したためだ。JR天ケ瀬駅から観光客を運ぶことなどがあっただけに温泉街関係者から「業務に影響が出ている」との声が上がっている。

地酒・地ビールのほか、温泉津の自慢のやきもの、神楽面、地採れ野菜など人気です。旅先での思い出や記念日に、お気に入りを見つけてくださいね。

鄙びた温泉街は歴史的にも、建築好き、路地好き、地形好きにもおすすめスポットがたくさん。ガイドさんと一緒に深堀り探検が楽しいです。

配達を担う地元の畑山ハイヤー(10台)によると、4月の売り上げは前年比で約8割減。畑山昌也代表(52)は「配達エリアは広いが、地元一丸で何とか今の状況を乗り切りたい」。企画の実行委員長で、亀清旅館を営むタイラー・リンチさん(49)は「温泉街のためにも旅館のためにも協力していく」と話す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました