【テクニカル】ユーロテクニカル一覧=5日線を回復

FXブログ
【テクニカル】ユーロテクニカル一覧=5日線を回復

参考レート 1.0725ドル 6/25 0:51

パラボリック 1.0793ドル(実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)

5日移動平均線   1.0721ドル(前営業日1.0723ドル)

21日移動平均線  1.0792ドル(前営業日1.0798ドル)

90日移動平均線  1.0799ドル(前営業日1.0800ドル)

200日移動平均線 1.0790ドル(前営業日1.0790ドル)

RSI[相体力指数・14日]

 43.74% (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)

2σシグマ[標準偏差]上限 1.0923ドル

2σシグマ[標準偏差]下限 1.0655ドル

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標

MACD[12、26] -0.0027 vs -0.0015 MACDシグナル[かい離幅-0.0012]

(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(越後)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】ユーロテクニカル一覧=5日線を回復

テクニカル ユーロテクニカル一覧5日線を回復

まず1つ目の事例としてS&P500インデックスを用いて分析を行った。テクニカル分析AIにチャートを読みこませたうえで「分析してください」と指示したところ(図表1)、AIは直ちに分析結果を表示した。その内容は、テクニカル指標についてのコメント、AIによる総括コメントである。

21日線の攻防は、短期レジスタンスラインの攻防でもある。ゆえに21日線の突破は、テクニカルの面でドル円がさらに上昇するシグナルとなり得る。

以上のように、AIによるテクニカル分析は従来の専門家による分析とは一線を画す新しい視点を投資家に提供する。膨大なデータに基づく精密な分析は、市場理解を深め、投資戦略の策定に寄与するだろう。

テクニカル分析は過去の価格データや取引量に基づき市場の将来の動向を予測する方法である。しかし、この伝統的なアプローチは主観性が強く、解釈に幅がある。そのため初心者には理解や適用が難しい側面がある。これに対し、AIによるテクニカル分析は、膨大なデータを基に迅速かつ客観的に分析を行う。AIは専門家と異なる視点で市場を解釈し、新たな洞察を提供する。その特長は、その「最新の情報を瞬時に分析しわかりやすく説明する能力」にあり、大量のデータを短時間で分析し、市場の動向を示唆する総括コメントを提供することができる。人間が見落としやすい市場の微妙な動きを捉えることができるため、投資家は市場の動きをより深く理解し、適切な投資判断を下す一助となる。特に、AIの分析結果は初心者にも理解しやすく、視覚的な表現は市場の動向を把握しやすい。ただし、AIの分析も万能ではなく、市場の変動やファンダメンタルズの分析との組み合わせが重要である。

以上のように、テクニカル分析AIを使用してS&P500とユーロ円レートを分析したところ、AIはテクニカル指標に基づいた詳細な分析を迅速に提供することが明らかになった。1つ目のS&P500に対しては、トレンド、サポートとレジスタンス、キャンドルスティックパターン、移動平均リボン、RSIなどのテクニカル指標に関するコメントと、強気トレンドにあるが買い過ぎの可能性を示唆する総括コメントが表示された。2つ目のユーロ円レートについても同様の分析が行われ、トレンド分析、サポートとレジスタンス、移動平均(MA)、MACD指標、出来高、ローソク足パターンなどの指標に基づくコメントと、弱気のモメンタムが続く可能性を示す総括コメントが提供された。これらの事例から、テクニカル分析AIは投資判断のための有力なツールの1つになりうるといえるだろう。

次に事例の2つ目として、テクニカル分析AIにユーロ円レートのチャートを読みこませたうえで「分析してください」と指示したところ(図表3)、同様にテクニカル指標についてのコメント、AIによる総括コメントが示された。

テクニカル指標に関するコメントは、トレンド分析、サポートとレジスタンス、移動平均(MA)、MACD指標、出来高、ローソク足パターンの6つが表示された(図表4)。また、ユーロ円が「このチャートは「C」よりも悪い評価を受ける可能性が高く、弱気の感情を示しています。主要な移動平均を大きく下回る動き、負のMACD、強気のローソク足パターンの欠如は、弱気のモメンタムが続く可能性があることを示唆しています。トレーダーは潜在的な短期エントリーを探すかもしれませんが、サポートレベルでの反発やブレイクダウンの兆候に注意する必要があります」という総括コメントが示された。

ユーロ円が21日線の突破に成功する場合は、10月高値と12月安値の半値戻しの水準143.60レベルを視野に上昇幅の拡大を想定しておきたい。このテクニカルポイントの攻防は、143.00レベルがサポートからレジスタンスへ転換するかどうか?この点を見極める攻防でもある。

移動平均線は、数多くあるテクニカル分析の中でもっとも有名で愛用者の多い分析手法です。1本もしくは複数のラインと組み合わせることで、値動きなど相場の状況を認識できるだけではなく、売買タイミングを計るシグナルとしても活用することができます。初めてFXに触れる初心者の方でも簡単に扱うことのできる一方で、FX中級者や上級者、多くのプロの投資家も使用している奥の深いおすすめのテクニカル指標です。

まずは、移動平均線とはどのようなテクニカル指標なのか、どのような計算に基づいて描写されるものなのか説明します。

テクニカル指標に関するコメントでは、トレンド、サポートとレジスタンス、キャンドルスティックパターン、移動平均リボン、RSIの5つの主要指標に着目し、各々に対するAIの詳細な分析が示された(図表2)。また、「総合的にこのチャートは強気の市場状態を示しており、グレードはA-とします。しかし、RSIが示す過熱状態を考慮に入れる必要があり、市場のトップに近づいている可能性があるため、新しいポジションを取る際には注意が必要です。常にリスク管理を忘れずに行うことが重要です」という総括コメントが示された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました