【テクニカル】乖離3=ポンド円 20日線プラスかい離を拡大

FXブログ
【テクニカル】乖離3=ポンド円 20日線プラスかい離を拡大

移動平均かい離 & SD(ポンド円)

6/25 3:21時点202.48 円

2σ          2.185

1σ          1.196

5日線かい離   0.993(5日移動平均線 201.49 円)

-1σ         -0.781

-2σ         -1.770

2σ          4.795

1σ          2.828

20日線かい離   2.221(20日移動平均線 200.26 円)

-1σ         -1.106

-2σ         -3.073

移動平均かい離 & SD(南アフリカ・ランド円)

6/25 3:21時点8.82 円

2σ          0.143

1σ          0.077

5日線かい離   -0.006(5日移動平均線 8.82 円)

-1σ         -0.057

-2σ         -0.123

2σ          0.302

1σ          0.171

20日線かい離   0.290(20日移動平均線 8.53 円)

-1σ         -0.092

-2σ         -0.223

※移動平均かい離 & SDは

移動平均とプライスの差が標準偏差(Standard Deviation)に対して行き過ぎかどうかを判断する測定ツールです。

移動平均かい離&SDでは、移動平均線とプライスの差を利用して正規分布に適応できるかたちにしてあります。

ただ、この測定ツールは移動平均線とプライスの差が行き過ぎかどうかを判断するものですので、ある時点でのプライスそのものがオーバーシュートしているかどうかは判断できません。

(越後)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】乖離3=ポンド円 20日線プラスかい離を拡大

移動平均乖離率は 株式投資のテクニカル分析で使われる指標の1つだ

移動平均乖離率は、株式投資のテクニカル分析で使われる指標の1つだ。株価と移動平均線を使って求められる数値であり、株の売買タイミングを判断するときに活用できる。

エントリーの際に複数の根拠を確認するのは、テクニカル分析の基本です。複数の根拠があることで、より精度の高いトレードができます。

シンプルながらも拡張性のあるインジケーターで、有名なテクニカル分析である、ボリンジャーバンドにも応用されて使われています。

アルゴリズム解析とテクニカル分析を融合し、ダマシの多いFXの真の方向性を導く。更に初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。買い時、売り時、利食い時。「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました