【テクニカル】NZドル円テクニカル一覧=ボリバン2σシグマ上限に到達

FXブログ
【テクニカル】NZドル円テクニカル一覧=ボリバン2σシグマ上限に到達

参考レート 97.82円 6/25 0:51

パラボリック 96.11円(実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)

5日移動平均線   97.36円(前営業日97.14円)

21日移動平均線  96.65円(前営業日96.57円)

90日移動平均線  93.25円(前営業日93.19円)

200日移動平均線 91.21円(前営業日91.17円)

RSI[相体力指数・14日]

 69.04% (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)

2σシグマ[標準偏差]上限 97.77円

2σシグマ[標準偏差]下限 95.55円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標

MACD[12、26] 0.74 vs 0.74 MACDシグナル[かい離幅0.01]

(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(越後)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】NZドル円テクニカル一覧=ボリバン2σシグマ上限に到達

テクニカル NZドル円テクニカル一覧ボリバン2シグマ上限に到達

このように、全世界のトレーダーが参考にしている指標は移動平均線だけではないため、移動平均線以外のテクニカル指標や売買サインを併用するのが大切です。

チャートはトレーダーの売買によって動くので、多くの人が見ているテクニカル指標はそれだけ効きやすいということになります。

ただし、値動きへの反応度が高い分ダマシも多くなるため、慎重なエントリー判断が求められる上級者向けのテクニカル指標でもあります。

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。 そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。 だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました