FX「リラ円安定。政策金利は50%で据え置きか、5月は財政黒字が過去最大」トルコリラ見通し

FXブログ
FX「リラ円安定。政策金利は50%で据え置きか、5月は財政黒字が過去最大」トルコリラ見通し

 

総括

FX「リラ円安定。政策金利は50%で据え置きか、5月は財政黒字が過去最大」トルコリラ見通し

(通貨11位、株価首位)   

予想レンジ トルコリラ/円4.3-5.3

*リラ円は安定、ドルリラは上昇
*6月27日に政策金利決定
*最近の指標は弱い
*フィッチは2024年のトルコの成長率を上方修正
*5月に月間予算黒字が過去最大に
*インフレ期待は1年ぶりの低水準に低下
*世銀はトルコのインフレ対策を評価
*貿易・経常赤字は続く
*輸出業者に対する外貨売却要件を引き下げ
*1QのGDPは強く5.7%増
*トルコには為替レートの目標はなく、インフレ抑制が主要目標
*過去の急激なリラ安を是正するのではなく、現在の安定を望んでいる
*海外投資家は、最も速いペースでトルコ国債を購入
*S&P、フィッチは格上げ
*政府は2026年にインフレが一桁となると主張

(リラ円は安定、ドルリラは上昇)
 トルコリラ円は8.84近辺で安定している。あまりにも動かないので5日線と20日線がほぼ同じレベルとなっている。一方、ドルリラは小刻みに上昇、32.9311をつけ史上最高値を更新している。
 株価指数(イスタンブール100)は年初来44.14%高と世界のトップ。10年国債利回りは28.715%。

(政策金利は50%で据え置きか)
 6月27日に政策金利決定がある。大半のエコノミストは、主要金利が50%で据え置かれると予想している。
 中銀はインフレリスクに対する警戒を強調し、月々のインフレ傾向の持続的な低下が見られ、インフレ期待が予測範囲と一致するまで金融引き締め政策を継続すると表明している。5月、トルコのインフレ率は前年比で4月の69.8%から75.45%に急上昇し、前月比3.37%の上昇となった。中銀は2024年の年末インフレ率予測を36%から38%に修正したが、2025年と2026年の予測はそれぞれ14%と9%で据え置いた。

 シムシェク財務大臣は、政府の経済計画によりインフレが抑制されるとの自信を示し、インフレ率は今年後半には40%台前半から30%台後半、来年には10%台半ばまで低下し、最終的には1桁台に達すると予測した。

 エルドアン大統領も4Qのインフレ見通しが改善したことを示唆し、より好ましいインフレ水準を達成するには金利調整が鍵となると強調した。

(最近の指標は弱い)
 最近の指標は弱い。6月企業信頼感指数は102.8で5月の105.4から悪化。6月消費者信頼感は78.3で5月の80.5から悪化した。4月小売売上は前年比10.2%増で、3月の19.8%増から悪化している。

(6月消費者物価予想は)
6月消費者物価予想は前年比76.0%の上昇。5月の75.45%以上の伸びとなる。前月比は3.0%の予想で5月の3.37%増から改善する。

(フィッチは2024年のトルコの成長率を上方修正)
 フィッチは2024年にトルコの成長が加速すると予測した。

国内総生産(GDP)が2024年に3.5%拡大すると予想しており、これは前回の2.8%増から上方修正した。2025年の予測は3.1%から3%にわずかに引き下げた。

トルコの経済は1Qに5.7%拡大し、金融引き締め政策にもかかわらず堅調な国内需要に牽引され、年初としては世界でも最も高い成長率の1つとなった。
 インフレ高騰に直面した中央銀行による一連の積極的な金利引き上げが経済活動の重しとなり、今年の残りの期間、成長は緩やかになると予想される。
 フィッチは、トルコにとって依然として最大の課題であるインフレ率は、年末までに43%に達すると予想していると述べた。

フィッチは、インフレ率が2025年と2026年にそれぞれ23%と18%に低下すると予測している。政府は、2年後にはインフレ率が1桁に低下すると予測している。

テクニカル分析(トルコリラ/円)

8.84近辺での安定続く

 日足、8.84近辺での安定続く。5日線と20日線がほぼ同じ。6月17日-20日の上昇ラインがサポート。6月3日-24日の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線下向き。
 週足、一時ボリバン2σ上限へ上昇も反落、ボリバン中位へ近づく。6月3日週-10日週の上昇ラインがサポート。5月27日週-6月17日週の下降ラインが上値抵抗。5週線上向き、20週線下向き。
 月足、2σ下位で推移。3月-4月の上昇ラインがサポート。12月-5月の下降ラインが上値抵抗。
年足、9年連続陰線。その間52円から4円台へ沈む。円との熾烈な最下位争いから抜け出し、リラは12通貨中11位へ。

メルハバ

5月に月間で財政黒字が過去最大に

トルコ政府はインフレ抑制を目的とした金融引き締め政策と並行して財政強化に重点を移し、5月に月間ベースで過去最大の財政黒字を達成したことが公式データで明らかになった。

財務省が発表したデータによると、予算の収支は2,190億トルコリラ(67億ドル)の黒字となり、5か月連続の赤字から大きく好転した。
 トルコ政府はより厳しい財政政策へと移行しており、最近、大規模な支出削減や、企業に対する最低法人税など一連の措置の計画を発表した。
与党の公正発展党(AK党)は、税の効率性と公正性を高め、非公式税制を削減するための新たな税制規則パッケージを議会に提出する予定である。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX「リラ円安定。政策金利は50%で据え置きか、5月は財政黒字が過去最大」トルコリラ見通し

ただ トルコリラの提供スワップはFX会社ごとに異なります

「スワップ運用」に特化した自動売買プログラムがある点も高評価ですね♪、「スワップトレードに興味があるけど難しそう」という初心者ニーズも網羅しており、初心者から人気なのも頷けるFX会社です!

スワップ狙いでトルコリラの長期保有を考えているなら、ぜひ持っておきたいFX口座の一つです。

加えてチャート分析やポジション・オーダー情報に優れたツールを持つ、FX会社を選ぶほうが勝率が高まると考えられます。

みんなのFXの魅力は「買スワップの高さ」と「売りスワップの安さ」にあり、買スワップの36円は全ての会社の中でもトップクラスの高さ。

また、みんなのFXには「みんなのシストレ」というプログラムを選ぶだけで始められる自動売買サービスも提供中。トルコリラの自動売買もあるので興味がある人は要チェックです!

トルコリラは高金利通貨として長期運用のFXトレーダーに人気の通貨です。人気の理由はなんと言っても、他の通貨ペアと比べ「抜きん出た高スワップ」。

みんなFXの売りスワップは現在「▲39円」となっているため、売り(ショート)での取引もしやすくなっています。もちろん日をまたがなければマイナススワップは発生しませんので、心配な場合はデイトレやスキャルピングに近い短期売買がおすすめ。

また、スマホアプリ「GMOクリックFX」は機能性の高さ、そして操作性に定評があるため、手軽にスワップ運用をすることができます。

ただ、トルコリラの提供スワップはFX会社ごとに異なります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました