【テクニカル】豪ドル円テクニカル一覧=MACDかい離幅が拡大

FXブログ
【テクニカル】豪ドル円テクニカル一覧=MACDかい離幅が拡大

参考レート 106.80円 6/27 2:07

パラボリック 104.77円(実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)

5日移動平均線   106.23円(前営業日105.97円)

21日移動平均線  104.63円(前営業日104.53円)

90日移動平均線  101.29円(前営業日101.20円)

200日移動平均線 98.66円(前営業日98.61円)

RSI[相体力指数・14日]

 72.94% (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)

2σシグマ[標準偏差]上限 106.80円

2σシグマ[標準偏差]下限 102.51円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標

MACD[12、26] 0.85 vs 0.68 MACDシグナル[かい離幅0.18]

(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(越後)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】豪ドル円テクニカル一覧=MACDかい離幅が拡大

テクニカルチャートや売買シミュレーションも搭載

その点、外貨ネクストネオGFXは、画像の通り画面下にメニューがあり、チャートの色、テクニカル指標の色、注文ボタンの大きさなど「直感的に使いやすそうだな」と思わせる画面レイアウトが実現されています。

また、自分オリジナルのテクニカル設定を最大16チャートまで保存できます。各通貨ペアに合ったテクニカル設定や、短・中・長期分析用にテクニカル設定を別途保存しておけば「効率的&楽に」トレードができるようになりますね。

さらに、チャートにはそのままテクニカル指標を表示させたり、ライン描画も可能。アプリのTOP画面だけでも円滑に取引できますね。

取引のタイミングがすぐわかるシグナルパネル・未来の値動きを予想するさきよみチャートで、初心者でも簡単に売買のタイミングを知ることができます。テクニカルチャートや売買シミュレーションも搭載。お試し版もあります。

「テクニカル指標の数=分析手法の幅」になります。ファンダメンタルではなく複数のテクニカル分析でトレード精度をあげたい人はテクニカル指標の取り揃えが豊富なスマホアプリを選びましょう。

21日線(MA/136.06)で上値が止められレジタンスラインが形成されていること、MACDで地合いの弱さを示唆するトレンドが続いていることも考えるならば、テクニカルの面でもドル円の下値リスクを意識する局面にある。

基本的なテクニカル指標はもちろん、人気のスーパーボリンジャーやスパンモデルなど、厳選された29種類のテクニカル指標が利用できます。パラメータ設定・カラー設定・表示設定が可能で、自分だけの設定が自由自在。オシレータ系のテクニカル指標にもトレンドラインを引くことができますよ。

パソコン版取引画面で利用できるExチャートです。ボリンジャーバンド・スパンモデル・GMMAなどを含めた全36種類の豊富なテクニカル指標が利用可能。最大6画面の分割が可能で、面倒な設定変更が一括で思いのままにできますよ。

テクニカル指標数の多さで選ぶなら外為どっとコムの「外貨ネクストネオ GFX」がおすすめ。

ボリンジャーバンドは多くのトレーダーが活用しており、私も使っているテクニカル指標なんです!

既にiPhone, アンドロイドについてはFX各社でスマホアプリを用意しています。 ただ入出金まで対応しているFX会社は まだ少数でトレンドラインが引けるFX会社やテクニカルが充実している, 経済指標アラートなど機能まで掘り下げると意外とスマホアプリによっての差別化ポイントは多くあります。

同じFX通貨ペアのすべての建玉をワンクリックで決済できます。スマートフォンの1画面に4つのチャートを同時表示し、80種類のテクニカル指標・50種類の描画ツール・12種類のチャートが利用可能。モバイルアプリでクイック入金や出金依頼も行えますよ。

テクニカル指標は使いこなせるようになると、勝率アップも望めますし、自分が使いやすい、得意なテクニカル指標を見つけるきっかけにもなりますね。

快適な操作性が特徴の高機能取引ツールです。チャートを見ながら新規・決済の成行をワンクリックで発注でき、チャート上の価格ライン操作では注文変更も可能。移動平均線や一目均衡表など28種類のテクニカル分析機能を搭載し、平均足や新値足なども表示できます。

しかし、ボリンジャーバンドも他のテクニカル指標同様、単体で相場のすべてを予測・判断することはできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました