松井証券FX自動売買の設定【豪ドルNZドル】根拠や証拠金も!

FXブログ
松井証券FX自動売買の設定【豪ドルNZドル】根拠や証拠金も!

私は松井証券FXの自動売買を設定しています。

メインは豪ドルNZドルを設定しているので、自動売買の設定を公開します。

目安となる証拠金も説明しますので、ご覧ください。

 

FXにはリスクがあります。
途中にある「考えなければならないリスク」を必ずお読みください。

 

目次


スポンサーリンク

松井証券FX自動売買の設定

このページでは豪ドルNZドルの自動売買設定を公開します。

買い設定と売り設定があり、まずは概要を説明すると

 

■買い設定

注文価格:1.02800~1.07700
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:10pips
益出し幅:20pips

※柔軟性を持たせるため分けて設定をしています。
下記の買い設定①と②を合わせると、このような設定になります。

 

■売り設定

注文価格:1.06300~1.12000
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:10pips
益出し幅:20pips

※下記の売り設定①と②を合わせると、このような設定になります。

 

売り設定は上記プラス、サブでもう一つ設定を加えています。

注文価格:1.08050~1.10050
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:20pips
益出し幅:20pips

 

益出し幅(利確幅)が20pipsなので、1回の決済で194円±スワップの利益が出ます。
(1NZドル=97円の場合です。だいぶ円安になりましたね…)

 

では、実際のスマホ画面で詳細を説明します。

 

松井証券FX自動売買 買い設定①

注文価格:1.02800~1.07600
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:20pips
益出し幅:20pips

 

こちらが実際の設定です。

 

こちらが設定された注文価格です。

 

 

松井証券FX自動売買 買い設定②

注文価格:1.02900~1.07700
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:20pips
益出し幅:20pips

 

設定を2つ組み合わせることで、注文幅が実質10pipsになります。

 

 

松井証券FX自動売買 売り設定①

注文価格:1.06300~1.11900
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:20pips
益出し幅:20pips

 

 

運用中のため、決済価格や評価損益が出ています。

右側の2つの数字は気にしなくて大丈夫です。

 

「豪ドルNZドルが1.09400ぐらいの時にはこのようになります」という
参考程度に見てもらえればと思います。

 

 

松井証券FX自動売買 売り設定②

注文価格:1.06400~1.12000
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:20pips
益出し幅:20pips

 

 

 

松井証券FX自動売買 売り設定サブ

注文価格:1.08050~1.10050
注文数量:0.1(1000通貨)
注文値幅:20pips
益出し幅:20pips

 

 

 

松井証券FX自動売買を設定するポイント

メインとなる買い設定、売り設定を2つに分けています。

分けることにより、相場が上がりすぎた時や下がりすぎた時に「半分だけ損切り(設定解除)して半分は運用を続ける」ということが可能になります。

設定が1つだと設定解除するときは全てを解除しなければいけません。

さらに注文幅を分けると柔軟な設定変更が可能となります。

例えば買い設定の注文幅を①1.02800~1.05000、②1.05200~1.07700に分けた場合、相場が1.07000付近のときに①の設定を解除して注文幅を40pipsにするなど、ポジションの整理をせずに変更することができます。

 

 

松井証券FX自動売買 目安となる証拠金

買い設定①、売り設定①だけをやる場合の目安となる証拠金は200,000円となります。

 

買い設定の必要証拠金の目安が約160,000円

売り設定の必要証拠金の目安が約207,000円なので、金額の大きい方で考えます。

 

今回の設定上限である1.12000に達するまでには資金は増えていると思いますので、切り良く200,000円としています。

 

 

参考に、こちらは別のFX自動売買を運用できるトラリピで計算された必要証拠金となります。

 

買い設定① 1.02800~1.07600

 

 

売り設定① 1.06300~1.11900

 

 

【注意!】FX自動売買で考えなければならないリスク

 

証拠金は20万円です。とお伝えしましたが、「20万円を入れておけばずっと自動で稼ぎ続けられるんだ」とは絶対に思わないようにしてください。

 

極端な例ですが、設定したポジションを持ったまま1度も決済せずにレートが上がり続けるor下がり続けてしまうと入れていた証拠金が失われてしまいます。

 

さきほどのトラリピによる計算画面にもありますが、具体的には

下がり続けてしまった場合、

レートが1.01069になった時に「101,099円」の証拠金がロスカットにより失われます。

上がり続けてしまった場合、

レートが1.11774になったときに「73,090円」がロスカットにより失われます。

 

実際にはもう少しレートが変動しても大丈夫だとは思いますが、レートが一方的に上がるor下がるというのは十分にあり得ます。

 

さらに売り設定には注意が必要です。

豪ドルNZドルには特徴がありまして、レートが「1.00000未満にはなりにくい、なったとしても一瞬だけ」というものです。

1.00000未満になるということは「オーストラリアの通貨の価値<ニュージーランドの通貨の価値」ということです。

あんなに大きい大陸の国の通貨が日本と同じ面積ぐらいしかないニュージーランドの通貨よりも価値が低いなんて考えにくいですよね。

なので、1.00000というレートには大きな壁があり、トレーダーにも超強力に意識されているレートです。
どんなに下がっても1.00000未満にはなりにくいだろうと考えられるのです。

 

買い設定はその壁により、途中の決済で証拠金を増やせば問題ないかなと思います。

 

しかし、レートが上がる方には壁がありません。

最近は1.15000あたりに意識されそうなレートができましたが、上に突破されてもおかしくはありません。

 

 

 

松井証券FX自動売買 設定の根拠

 

[紹介元] あると思うな時間と金 松井証券FX自動売買の設定【豪ドルNZドル】根拠や証拠金も!

松井証券FX自動売買の設定 豪ドルNZドル 根拠や証拠金も

さらに、自動売買の人気通貨ペアである豪ドル/NZドル、NZドル/円、ユーロ/ポンドなどのスプレッドが業界最狭水準なので、コストを抑えられる点も魅力的です!

松井証券は創業100年以上の証券会社で、豊富なノウハウを活かしたサポートが充実しています。

この設定については、松井証券で自動売買機能が導入される前から別のリピート系自動売買でやっていた戦略で、そこでも利益を出すことができており、松井証券での自動売買機能導入後は、松井証券でも100万円ほど(0.3333万通貨)運用しています。  松井証券の自動売買は、豪ドル/NZドルのスプレッドやスワップポイント等の条件も良く、また1通貨単位での取引もできる点から非常におすすめです。

他社の自動売買ツールは1,000通貨からの取引が多い中で、松井証券では1通貨から取引OKなため、コンビニでジュースやお菓子を買うのを我慢しただけでも自動売買を始められます!

豪ドル/NZドルは、豪ドルとNZドルという、オセアニアの通貨同士を取引する通貨ペアで、どちらも同じような要因で上下するため、非常にレンジ相場になりやすい通貨です。

松井証券は、格付投資情報センター(R&I)からBBB+の格付けを取得しています(2023年9月27日現在)。また、金融商品取引業者は自己資本規制比率が120%を下回らないよう経営しなければならない、と金融商品取引法によって決められていますが、松井証券の自己資本規制比率は474.5%です(2023年9月末現在)。

接続先の口座を別途開設しなければいけないのが手間です。私はもともと松井証券の口座を持っていたので、比較的簡単に始められましたが、そうでなければ面倒くさいと感じる方もいると思います。

またユーロ/円ペア以外のスワップポイントは、平均以上の高水準です。英ポンド/円ペアは政策金利差も超えていましたし、ユーロ/円・豪ドル/円ペアのスワップポイントも相場とほぼ同水準。そのため主要通貨ペアをじっくり持ちたい人に向いています。

基本的に、最小取引単位は1,000通貨が相場です。実際に検証した19社のうち、15社が1,000通貨でした。なかでもパートナーズFX nanoは100通貨、SBI FXトレード・松井証券は1通貨から取引できるので、少額から始められます。

以上、松井証券(FX)の基本的なスペックと“おすすめポイント”を解説した。

1000通貨単位だと30万円刻みで、それなりに資金が必要だった私の豪ドル/NZドル戦略も、1通貨単位で取引できる松井証券のFXだと300円から設定可能になりました。松井証券の豪ドル/NZドルはスプレッドやスワップポイント等の条件も良いので、初心者から上級者まで広くおすすめです。

松井証券の口座はすべてオンラインで申し込め、最短即日に開設できて取引をはじめられます。

最低取引単位が1,000通貨からが一般的ななか、松井証券は通貨ペアすべて1通貨から取引可能な点が特徴です。

QUOREAを利用するには基本料金2.980円+月間売買代金の0.03%を毎月支払わないといけないうえ、接続先として松井証券・フィリップ証券・岡三オンラインいずれかの口座を開設する必要があります。

為替研究所さんに、初めてのリピート系自動売買向けのアイデアとして、レンジ相場になりやすい定番の通貨ペア、豪ドル/NZドルの設定を教えてもらいました。ご本人もこの設定で運用をされているとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました