【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=6/27 安値を支持に押し目買いスタンス

FXブログ
【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=6/27 安値を支持に押し目買いスタンス

陽線引け。転換線は基準線を上回り、遅行スパンは実線を上回り、雲の上で引けていることで、三役好転の強い買いシグナルが点灯している。9手連続陽線で転換線を上回って引けており続伸の可能性が示唆されている。

 本日は27日の安値を支持に押し目買いスタンスで臨み、同水準を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1  203.91(ピポット・レジスタンス2)

前日終値     203.20

サポート1    202.51(6/27安値)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=6/27 安値を支持に押し目買いスタンス

テクニカル指標は大きく次の3つのジャンルに分けられます

シンプルながらも拡張性のあるインジケーターで、有名なテクニカル分析である、ボリンジャーバンドにも応用されて使われています。

テクニカル指標の中でもRSIはプロアマ問わず人気が高くチャート分析に利用されています。

でも、それだけ種類が豊富だと最初はどのテクニカル指標を使ったらいいのか迷ってしまいますよね?

この書籍は2002年に日本語に翻訳され「ワイルダーのテクニカル分析入門――オシレーターの売買シグナルによるトレード実践法」というタイトルで出版されています。

パソコンやインターネットの普及で証券会社やFX会社のチャートソフトを使えば、どなたでも無料で何十種類もあるテクニカル指標が簡単に利用できる時代になりました。

RSIに代表されるオシレータ系のテクニカル指標は、トレンド系の「移動平均線」などと組み合わせて利用することで売買判断の確度を高めることができます。

エントリーの際に複数の根拠を確認するのは、テクニカル分析の基本です。複数の根拠があることで、より精度の高いトレードができます。

テクニカル指標は大きく次の3つのジャンルに分けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました