紅麹 死者報告せず厚労相「遺憾」

FXブログ
紅麹 死者報告せず厚労相「遺憾」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 紅麹 死者報告せず厚労相「遺憾」

紅麹 死者報告せず厚労相 遺憾

小林製薬の「紅麹サプリ」を巡る健康被害の問題で28日午後、厚生労働省は死亡に関して遺族からの相談が170件あったことを明らかにしました。 小林製薬の紅麹サプリを巡っては、これまでに摂取していた5人が死亡しています。 厚労省は、この5人以外に170件の死亡に関する相談が小林製薬に寄せられていたと27日、会社から新たに報告を受けたことを明らかにしました。 170件のうち91件はサプリメントを摂取していないと確認され、3件はサプリメントとの因果関係が認められなかったと医師は判断しているということです。 現在、残りの76件について調査を進めていて、厚労省は29日までに結果を報告するように求めています。 武見厚労大臣は小林製薬が27日まで報告しなかったことについて「極めて遺憾。小林製薬だけに調査を任せられない」として厚労省が直接、指導する考えを示しました。

小林製薬の「紅麹」の原料を使ったサプリメントで健康被害が相次いでいる問題で、武見厚生労働大臣は28日、サプリメントとの関連が疑われる死者が、新たに76人に上っていると明らかにしました。

小林製薬の紅麹の成分を含むサプリメントを摂取した人が腎臓の病気などを発症した問題で、小林製薬が、製品を摂取したことがあり亡くなった76件について因果関係を確認するためサプリメントの摂取の時期や医師の診断内容などを調査していると厚生労働省に報告していることがわかりました。 厚生労働省は調査の進め方について指示するとともに今後は進捗を管理していくとしています。小林製薬の紅麹の成分を含むサプリメントをめぐっては、摂取したあと、腎臓の病気を発症するなどして、全国で健康被害の訴えが相次いでいます。 この問題について、小林製薬がこれまで死亡した件数として公表していた5件のほかに、家族が死亡したという遺族からの問い合わせが170件寄せられ、このうち製品を摂取したことがあり亡くなった76件について、因果関係を確認するためサプリメントの摂取の時期や医師の診断内容などを調査していると厚生労働省に報告があったということです。 また、小林製薬はこれまで公表していた5件の死亡事例のうち、1件については、紅麹関連の製品を摂取していなかったと説明しているということです。 厚生労働省は小林製薬からの報告に基づき3月29日に死亡事例を5件と公表して以降、定期的に、死亡者数などの被害状況を公表してきましたが、厚生労働省側が今月13日に会社に確認するまで小林製薬側から死亡についての相談件数が大幅に増えていることは伝えられていなかったということです。 厚生労働省は、会社が報告をしなかったことは極めて遺憾だとして、小林製薬に対して、調査の進め方について指示するとともに今後は進捗を管理していくことになりました。武見厚生労働大臣は「本来ならばもっと早くこうした事例があれば報告が必要で、死亡事例について厚生労働省から問いただしてはじめて報告があった。極めて遺憾でこれ以上小林製薬に任せておくことはできず、厚生労働省が直接調査の進捗状況含めて管理することにした」と話していました。

小林製薬「紅麹」問題 新たに76人の死亡との関連の疑い 武見厚労大臣「27日になって初めて全体像が示された」

武見厚労大臣は、午後2時半からの会見で、小林製薬の「紅麹」の原料を使ったサプリメントを摂取後に死亡したと遺族から会社に相談があり、サプリメントとの関連が疑われる死者が、新たに76人いると明らかにしました。

愛猫家も心配、猫用おやつ「ちゅ〜る」に紅麹色素 100件以上の問い合わせ、製造元は「小林製薬のものではない」

小林製薬「紅麹」問題 死亡に関し170件の問い合わせも厚労省に「報告なし」 武見厚労大臣「極めて遺憾」

コメント

タイトルとURLをコピーしました