踏み間違い防止機能 車載義務化へ

FXブログ
踏み間違い防止機能 車載義務化へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 踏み間違い防止機能 車載義務化へ

踏み間違い防止機能 車載義務化へ

衝突被害軽減ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い急発進抑制装置などの技術が搭載された先進安全自動車を表すロゴマークで、企業の広報活動に使用されています。衝突被害軽減ブレーキが搭載された先進安全自動車は単に「サポカー」と表記されます。

国土交通省が車のアクセルとブレーキの踏み間違い防止装置搭載の義務化の検討に入ったことが27日、国交省関係者への取材でわかった。早ければ来年6月にも道路運送車両法に基づく省令を改正して、新車を対象に義務化する見通し。国交省関係者によると、25日に開かれた自動車の安全や環境基準を検討する国連の「自動車基準調和世界フォーラム(WP29)」の作業部会で、踏み間違い防止装置の性能基準が決まった。

自動ブレーキが義務化されたのは、居眠り運転による事故の発生や高齢ドライバーのペダル踏み間違い事故が主な理由です。

踏み間違い事故は年間約6,000件!!1日あたり15件以上!

そして後付け式ペダル踏み間違い急発進抑制装置もサポカー補助金の対象となり、障害物検知機能付は4万円、障害物検知機能なしは2万円が補助されます。

衝突被害軽減ブレーキ及びペダル踏み間違い急発進抑制装置については、装置の性能を確認する認定制度を国土交通省にて設けており、認定を受けた車種・装置は、国土交通省「衝突被害軽減ブレーキの性能評価認定結果公表」で公表しています。

そういった未搭載車にも装着可能な「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」(国土交通省認定)が、後付け装置として販売されています。

「サポカー」とは、「セーフティ・サポートカー」の略称で、高齢運転者による事故防止に資するASV技術を搭載した車のことを指します。衝突被害軽減ブレーキが搭載された「サポカー」のほか、衝突被害軽減ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い急発進抑制装置などの技術が搭載された「サポカーS」があります。

また最近は、車載のカメラセンサーで、道路標識の速度制限を読み取り、メーターパネルやヘッドアップディスプレイに表示できるクルマも増加している。

自動ブレーキが義務化されることで、居眠り運転やペダル踏み間違い事故を未然に防ぎ、交通事故の軽減が期待されています。

ペダル踏み間違い急発進抑制装置の性能が国土交通省にて認定されたことを示すロゴマークで、企業の広報活動に使用されています。このほか、衝突被害軽減ブレーキ、後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置の性能認定ロゴマークもあります。

踏み間違い事故の多くは、駐車場内など比較的低速の状態で発生しています。 よくあるコンビニ等の駐車場のケースでは、「前進するつもりがバックしてしまい、慌ててアクセルを踏み込んでしまった」、「輪留めにタイヤが当たった衝撃でびっくりしてしまい、そのままアクセルを踏み込んでしまった」というケース。 他にも、コインパーキングの料金支払い時にブレーキを踏んだ状態で、精算機に腕を伸ばしているうちに足が右側にズレてしまい、アクセルペダルを踏みこんでしまっているケースも多いようです。 どちらのケースでも、すぐに踏み間違いに気付き、アクセルペダルから足を離せば事故は防げるはずです。 ですが、多くは「パニックになってしまいアクセルから足を離せない」「ブレーキを踏んでいるつもりなのでいつまでもアクセルを踏み続ける」といった傾向にあるようです。 『ペダルの見張り番Ⅱ』は踏み間違いと思われる程の急なアクセル踏み込みがあった場合、ノロノロとしか進まないのでパニックになりにくく、また万が一そのままアクセルを踏み続けたとしても重大な事故になりにくいのが最大の特徴です。

例えば東京都の補助金制度は、令和2年度中に70歳以上になる方が対象です。 令和2年8月31日までにペダル踏み間違い急発進抑制装置を購入・設置した場合、自己負担額が1割になります。だたし、1台につき10万円までです。

またペダル踏み間違い急発進抑制装置は、駐車スペースでの車両の出し入れを想定した試験を行ない、ペダルを踏み間違えても急発進しないことが求められる。

ペダル踏み間違いによる事故がなくならないという事態を踏まえ、国土交通省によって、2020年以降の新車へ「自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」の搭載が義務化されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました