「ディズニー格差」米国では?

FXブログ
「ディズニー格差」米国では?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「ディズニー格差」米国では?

ディズニー格差 米国では

ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)は、コロナウイルスの世界的大流行の中、従業員を一時解雇している数多くの組織の1つだ。ディズニー・ワールド(Disney World)では4月19日から、4万3000人の「今は必要でない仕事の」従業員を一時解雇。パンデミックの中、アメリカでは過去4週間だけで異例の2200万人の労働者が失業保険を申請しており、死者は4万4000人を超えている。

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

アビゲイル・ディズニーは、受賞歴もある映画監督の祖父、ロイ・O・ディズニー(Roy O. Disney)と大叔父にあたるウォルト・ディズニー(Walt Disney)が創業した会社を長年批判してきた。2019年、遺産相続人である彼女は、当時のCEOで現在は会長のボブ・アイガー(Bob Iger)の給料を非難し、他18人の大金持ちと連名で富裕税を支持する文書に署名して話題となった。同年7月には、父親から相続した財産が1億2000万ドル(約128億9600万円)あると述べている。

一昔前にアメリカにいる人に話を聞きました。お金を払えば早く乗れるというシステムはアメリカのディズニーランドではもう何年も前から採用されてたんですね。その話を聞いたときにはなんて世知辛い話しなんだ、アメリカって嫌だね、なんて話してたら、ついに日本のオリエンタルランドも導入。僕としては全然前のファストパス制度でいいわけですよ。

結局多くの人が利用するとなると、それに差をつけなくてはいけない、その後は価格にもっと差をつけるしかない。スーパープレミアムとか4000円とか登場してくる可能性がある。そうしてお金持ちがどんどん優遇されていくというサービスになりかねない。ディズニーのなかでも格差社会がうまれていく。とにかくお金持ちのためのものになってしまう。それを危惧しているのですが、皆さんはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました