【ナスダック攻略ガイド】特徴・動向・投資戦略をプロが徹底解説【KEN氏×宇栄原宗平】CFD

FXブログ
【ナスダック攻略ガイド】特徴・動向・投資戦略をプロが徹底解説【KEN氏×宇栄原宗平】CFD
 

【ナスダック攻略ガイド】特徴・動向・投資戦略をプロが徹底解説【KEN氏×宇栄原宗平】CFD

CFDの取引方法や注意点、株式指数の情報収集・取引手法、超人気株を少額で購入する方法など、徹底解説!
「株−1グランプリ」優勝の経験を持つなど、個人投資家としての一面だけでなく、若い世代へ投資の魅力を広める活動を精力的に行っている「KEN氏」と、外為どっとコム総研の調査部 研究員である「宇栄原宗平」が解説します。

目次

0:00 オープニング
0:33 ナスダックを選んだ理由
2:45 バリュー株とグロース株
3:39 金利の動きに敏感
7:56 ボラティリティの大きさ
8:52 大相場になりやすい
10:11 個別株の影響
11:26 情報の集め方
13:05 テクニカル分析しやすい
13:59 経済指標の影響
15:06 米主要3指数の特徴
16:41 米株が動きやすい時間帯

動画のまとめ・概要

ナスダックの市場における位置づけ

ナスダックは、現在の相場全体を形作っていると言っても過言ではありません。例えば、最近話題のNVIDIAや、以前注目を集めたテスラなどもナスダックに組み込まれており、米国株式市場全体を牽引しています。ナスダックの特徴として、ボラティリティが大きいことが挙げられます。そのため、トレーダーにとっては取引しやすい市場となっています。

ナスダックの構成銘柄の特徴

ナスダックは、主にテクノロジー系の銘柄が多く、利益よりも成長を重視している、または成長している銘柄が中心となっています。一方、S&P500やNYダウは、すでに利益をしっかり出している銘柄が大半を占めています。そのため、長期的な資産運用の観点からは、S&P500の方が適している可能性があります。

金利との関係

ナスダックの特徴として、金利の動きに敏感であることが挙げられます。これは、グロース株(成長株)が多いためです。金利が上がると株式の魅力が相対的に低下し、グロース株は特に売られやすくなります。逆に、金利が下がるとグロース株が買われやすくなります。

ボラティリティの特徴

ナスダックのボラティリティは、日経平均と比べても全体的に大きいと言えます。これは、テクノロジー系の銘柄に偏っているためです。テクノロジー関連の銘柄が好調であれば大きく上昇し、不調であれば大きく下落する傾向があります。

動向把握のポイント

ナスダックの動向を把握するためには、大手企業の決算動向を見ることが重要です。また、テクニカル分析も効果的です。ナスダックは世界中の多くの人々が取引しているため、テクニカル指標が素直に反映されやすい傾向があります。

経済指標の影響

経済指標の影響も大きく、特に米CPI(消費者物価指数)や米雇用統計などに敏感に反応します。これは、ナスダックが金利動向に敏感であるためです。

他の指数との比較

ナスダック、S&P500、ダウの3つの指数の中で、最もボラティリティが大きいのがナスダックで、次いでS&P500、最後NYダウという順番になります。ナスダックとS&P500は比較的似た動きをすることが多いですが、NYダウは構成銘柄が異なるため、動きが違うことがあります。

取引時間帯の特徴

米国株式市場の動きやすい時間帯は、市場オープンから2時間程度です。その後、トレンドが形成され、日本市場と似た動きを見せることがあります。

外為どっとコム「CFDネクスト」の魅力

外為どっとコムのCFDサービス「CFDネクスト」は、ひとつの口座で世界の株価指数や金・原油、米国株などのさまざまな商品に投資ができます。

取引手数料が無料

取引手数料が無料なので少ない保証金で取引を開始できます。
日経平均CFDは、最大10倍のレバレッジがかけられるため、少ない保証金で効率よくお取引ができます。

ロスカット手数料は別途発生します。詳しくはこちら

「売り」から入ることもできる

「買い」だけでなく「売り」から入ることも出来るため、相場が下落して価格が下がった際にも利益を出すことができます。

「日本円」で取引できる

世界の様々な商品も、FXと同様に「日本円」のまま取引することができます。

お知らせ、キャンペーン

CFD(CFDネクスト)について|はじめてのCFDなら外為どっとコム

 
f:id:gaitamesk:20210910155349j:plain
KEN氏
2016年 國學院大學 経済学部 入学 為替取引開始
2017年 土田ゼミ 証券分析 ファイナンシャルエンジニアリング専攻 投資研究会KISHU設立 株式投資開始
2018年 第9回 名証株式投資コンテスト 個人の部優勝 2019年 第三回大学対抗IRプレゼンコンテスト優勝
投資スタイルは、中長期のファンダメンタルズ投資がメイン
uehara.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。これまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。経済番組専門放送局「ストックボイス」や、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』でのレギュラー解説ほか出演多数。マネー誌『ダイヤモンドZAi(ザイ)』にてドル円・ユーロ円見通しを連載中。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【ナスダック攻略ガイド】特徴・動向・投資戦略をプロが徹底解説【KEN氏×宇栄原宗平】CFD

ナスダック攻略ガイド 特徴 動向

ナスダック100をCFDで投資するデメリットは、以下4つあります。

ナスダック100(NDX)が20,588ポイントをトライするシグナルとして、まずはフィボナッチ・エクステンション100%(N計算値)の水準20,124レベルの攻防に注目したい。

しかし、米金利の上昇が抑制されている状況も考えるならば、ナスダック100は20,000ポイント台へ上昇し、フィボナッチ・エクステンション161.8%の水準「20,588ポイント」を視野に上昇幅の拡大を意識する状況にある。

グロース株上昇の恩恵を受けやすいのが、ハイテク株比率の高いナスダック100(NDX)である。

ラッセル2000は中小型で構成されている。それゆえ、他の株価指数と比べて市場の変調を先取りする特性がある。ラッセル2000の下落幅がさらに拡大する場合は、近い将来S&P500やナスダック100が売りの圧力に直面するシグナルとして警戒したい。

ラッセル2000の反落相場に加え、セクター別パフォーマンスが歪な状況に陥っていることからも、現在のS&P500とナスダック100の上昇は、一部のセクターと銘柄で構成された不安定な土台の上で成り立っていることを意識しておきたい。

今週、米国株の下落要因として注目したいのが、景気動向を考える上で重要となる経済指標である。

ナスダック100の反落局面では、5日線(17日時点19,562レベル)と10日線(17日時点19,260レベル)の攻防が目先の焦点となろう。

ナスダック100からは、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット(グーグルの親会社)、メタ=旧フェイスブック、テスラ、エヌビディアなど、私たちのライフスタイルやビジネスを大きく変える革新的なサービスを提供する企業が誕生し、指数全体の成長を支えてきました。

問題は、4月に続き個人消費の鈍化が確認される場合である。このケースでは、景気の先行き懸念の方が強く意識される展開を想定しておきたい。ナスダック100(NDX)は上で述べたサポート水準を視野に反落する展開を予想する。

米国の代表的な株価指数であるS&P500には、構成銘柄として採用される条件のひとつに「4半期連続で黒字維持」があります。一方ナスダック100では、資本、時価総額、利益、キャッシュフローなどから構成される基準のうちどれか一つを満たせば、「赤字企業でも指数採用の対象」になります。ナスダック100であれば、新興企業によく見られる積極的な投資による赤字を伴った企業でも採用の可能性があり、イノベーションの種を早期に取り入れることが可能です。

ナスダック100がイノベーションの種を早期に取り入れた成功事例として、テスラが挙げられます。テスラがS&P500に採用されたのは2020年12月ですが、ナスダック100に採用されたのは2013年7月であり、S&P500より7年以上早くイノベーションの種を取り入れることに成功しました。ナスダック100採用からS&P500に採用されるまでの間、テスラの株価は約25倍になるほど値上がりました。

ナスダック100の構成銘柄は定期的に入れ替わります。指数コンセプトに合致するよう時価総額の大きい100社を指数構築ルールに従って入れ替えます。評価を得た企業と時価総額を減らした企業の入れ替え戦をおこなうことで新陳代謝が活発となり、この入れ替えがナスダック100を魅力ある指数として維持させている原動力となっています。

時間足のストキャスティクスとRSIで相場の短期的な過熱感を追い、これらが買われ過ぎ(売られ過ぎ)の水準でデッドクロス(ゴールデンクロス)の状況にある時、ナスダック100が上で述べたチャートの水準をトライする場合は、反落(反発)へ転じる可能性を意識したい。

この点は、S&P500種株価指数(SPX)のセクター別パフォーマンスも示唆している。年初来からの動向を確認すると、エヌビディア(NVDA)などの半導体株が属するInformation Tech(情報技術セクター)とアルファベット(GOOGL)が属するCommunication Services(コミュニケーション・サービスセクター)の上昇が突出している。一方、残りのセクターは横ばい、もしくは下落基調へ転じている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました