ドル円相場6/24週振り返り 約38年ぶりの161円台へ

FXブログ
ドル円相場6/24週振り返り 約38年ぶりの161円台へ

ドル円 約38年ぶりの161円台へ

今週初めのドル円は、日本政府・日銀による為替介入への警戒感が強まる中、159円台後半でスタートしました。

先週末、米6月購買担当者景気指数(PMI)が予想を上回る結果となったことで、ドル円は159円台後半へと上昇しました。

週明けの24日(月)午前には159.92円前後まで上昇しましたが、その後158.70円台まで急落し、すぐに159円台に値を戻すなど神経質な動きとなりました。

25日(火)は159円台で横ばいとなりましたが、26日(水)は米長期金利の上昇を背景にドル買いが強まり、1986年以来の高値となる160.87円前後まで上値を伸ばしました。

27日(木)には反動でドル売りの動きが出て160円台前半まで下落しましたが、28日(金)は月末・四半期末にあたることから実需のドル買いの動きもあり、一時161円台前半まで上昇しました。

今週のドル円は158円台後半へと急落する場面もあったものの、週後半には約38年ぶりの高値となる161円台まで上昇する展開となりました。

来週は米6月ISM製造業景況指数やパウエルFRB議長発言、米FOMC議事要旨、米6月雇用統計など多数の重要イベントが予定されています。
日米の金利差を背景とした円安ドル高に歯止めがかからない中、米FRBが利下げの前提とする「インフレが継続的に鈍化している証拠」が示されるか、引き続き米指標に注目が集まります。

 

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円相場6/24週振り返り 約38年ぶりの161円台へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました