2024/6/29(土) 6/23の週の振り返りGBPUSD/NZDCAD

FXブログ
2024/6/29(土) 6/23の週の振り返りGBPUSD/NZDCAD
今週は週末の見立てで切ったGBPUSDで1回ショートして1勝。このほか、週末の見立て段階で4時間のパーフェクトオーダーの波がきれいだったクロスカナダをカナダ高方向で見ていました。特にテクニカル的に優位性があるGBPCAD/NZDCADが中心。NZDCADは日足押し安値ブレイクの大陰線からの戻しがきれいな動きだったので、最後まで見ていましたが、RRを考え見送りの判断でした。この通貨もあわせて振り返っておこうと思います。

GBPUSD
2024/6/26(水)
日足押し安値ブレイク後の戻り売り
4時間一波

■先週末の見立て
先週末の見立てはこんな感じ。ポイントになるのは「週足」で、週足環境は収縮レンジで、トレードするには「厳しい」環境だということですね。なので、感覚的には日足一波を狙える通貨ではなく、どちらかというと、4時間一波を狙う通貨ですね。
2024_06_23_GBPUSD01_

■実際の値動きとエントリー
日足押し安値ブレイク後の戻しなので、いわゆる「出口戦略」の場面です。以前の環境認識の勉強会で話しましたが、4時間や1時間で切り上げ線を使えると優位性が高いですね。
実際の動きはこんな感じ。日足本命の3番レジで戻しが止められたあと、4時間でみると、4時間派生レジで高値切り下げの動きになっていますね。4時間の波での戻しに対して1時間で切り上げ線を引き、これが意識されていることを確認してブレイクからエントリーしていきました。このあたりは、出口戦略の環境認識の勉強会で扱いましたが、切り上げ線の使い方の基本的なところ。
GBPUSD2024_06_29_06_

さて、今回、大事なのは、「結果」のところでエントリー当日は日足で陰線を作って落としていますが、その後は伸びずに戻ってきています。ポイントになるのは、上にも書いた、日足の直上の「週足」が収縮レンジで伸びづらい環境である、というところ。上位の環境がこういう状況だと、今回のように、あまり伸びずに戻ってきてしまう率が急上昇します。こういうケースは、日足一波というよりは、4時間一波を基本に見ておきたいですね。

NZDCAD
ノートレード
4時間パーフェクトオーダー
日足押し安値ブレイク後の一本戻し

冒頭で書いたように、クロスカナダは、週末時点で、4時間足がきれいにチャートパターン×パーフェクトオーダーでカナダ高方向に流れていました。下に貼った同期チャートでは、緑の縦線がが週末時点。ここから左側を見ると、きれいにパーフェクトオーダーの波をつけているものが多いですね。また、POでない通貨も、10-20MAのカナダ高側に位置していることがわかります。全体として、カナダが買われていることがわかりますね。

2024_06_29_03_

僕の場合、パーフェクトオーダー系のトレードをするのは、4時間か1時間のパーフェクトオーダーの波を狙いに行くケースがほとんどです。4時間か1時間の波を取りに行く場合、まずは4時間足のパーフェクトオーダーの同期を確認出来たら、次にテクニカルを踏まえての通貨選択に入ることが多いです。ということで、いつも最初に見るのは4時間足。

ここで見るのは、①4時間が波を描いてのパーフェクトオーダーで同期しているケース、②4時間で10-20MAが急傾斜で立ち上がっているケース(→4時間は波がないことが多い→1時間の波狙い)なのですが、このあたりは、「どういうPOの場面を狙うのか」のマルチタイムでの論理的な定式化があって、このとりあわせになっています。4時間は週末時点で判断できることがほとんどです。週末時点で候補がない場合には、時間足を1段下げて、1時間足で同じことを日々見ていきます。このケースでは、1時間または15分足の一波狙いになります。このあたりは説明を始めると長いので省略してしまいますが、今回は典型的に①のケースですね。

ということで、同期チャートを見ると、4時間が波を描いてPOになっている場面。あとは、「テクニカル」分析で優位性のある通貨を選ぶと、隙間がしっかりあるGBPCADと、日足押し安値抜けば隙間があるNZDCAD。ということで、同期を見つつ、この2通貨を追いかけていました。

最終的に最後まで追いかけたのは、NZDCAD。カナダの消費者物価指数のあと、日足押し安値を大陰線でブレイク。これもGBPUSDと同じく「出口戦略」の場面ですね。日足ブレイク後の1本戻しに1時間で切り上げ線を引いてみていました。切り上げ線もそれなりに意識されておりいい動きでしたが、ブレイクの位置が低く、また足元のややこしいところまでの近さとそれを踏まえた損切の位置などを考えると、RRが合わず見送りにしました。その後、きれいに4時間直近安値まで伸びていきました。

NZDCAD2024_06_29_02_

[紹介元] trading notes 2024/6/29(土) 6/23の週の振り返りGBPUSD/NZDCAD

2024 6 29

約140年の歴史をもつホテル椿山荘東京は、都会の真ん中にありながら緑豊かな庭園が魅力で、季節ごとに変化する景色を楽しむことができます。6名様から600名様まで対応できるバリエーション豊富な披露宴会場、少人数専用会場、ガーデンウエディング、オープンキッチン付など、プランナーがご希望に沿ったプランをご提案いたします。「式のイメージはまだ決まっていない・・・」「何から決めれば良いのか分からない・・・」という方もぜひ一度、ホテル椿山荘東京のブライダルフェアへ足を運んでみてはいかがでしょうか。いつまでも記憶に残る特別な結婚式だからこそ、上質な思い出作りを私たちと一緒にしませんか? ホテル椿山荘東京の魅力についてはこちらのページをご確認ください。

天赦日(てんしゃにち)とは、その言葉のとおり「天が赦してくれる日」とされる開運日のひとつです。年に5~6回しかない貴重な日で、この日は何事もうまくいく日とされています。一粒万倍日と同様、結婚や入籍、引越し、開店・開業などに最適な日といわれ、人生における大きな転換日とするのにおすすめの日です。また、一粒万倍日と点赦日が重なる日もあり、さらに開運パワーが強まる日とされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました