ふるさと納税新ルール 楽天が反発

FXブログ
ふるさと納税新ルール 楽天が反発
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 ふるさと納税新ルール 楽天が反発

ふるさと納税新ルール 楽天が反発

ふるさと納税を実質的な節約に活かしたい方は、日常的に消費される食材を頼むことをおすすめします。 お米やビール、冷凍の豚肉などは日持ちも良いですし、返礼品を消費する期間は買い物が不要になるので出費を抑えることができます。

お得な返礼品がたくさんあると、どれを選んだらよいか分からなくなってしまうこともあると思います。 これまで4,000件以上の「ふるさと納税の返礼品に対する感想」を見てきた編集部員が、おすすめの「選び方」をお伝えします。

体験型の「ふるさと納税」と絡めて、さまざまな場所を旅行するのも楽しそうですが、今のところ私が注目しているのは「お食事券」の返礼品です。

よく「ふるさと納税には節税効果がある」と言われますが、支払うべき税金を、居住する自治体ではなく、別の自治体に支払うというだけなので、厳密には節税効果はありません。ただし、多くの自治体は「ふるさと納税」をした人に「返礼品」を贈呈しているため、その返礼品の分だけ得することができます。年収や家族構成などによって決まる“寄付金の上限額”の範囲内であれば、損をするリスクもありません。

最初に復習しておくと、「ふるさと納税」とは、自分の好きな自治体に“寄付”をして、その寄付金額を自分の住む自治体に申告することによって、所得税や住民税から寄付金額に応じた控除を受けられる制度のことです。あくまで“寄付”ではありますが、実質的には任意の自治体に“納税”をするようなものです。

ふるさと納税サイトの「ANAのふるさと納税」が、自治体と高級レストランやホテルを展開する「ひらまつ」と組んで提供していた「お食事券」が有名ですが、今は「ふるさとチョイス」や「さとふる」などでも、多数ラインナップされています。

「楽天ふるさと納税」では最大31%の楽天ポイントが、「マイナビふるさと納税」では最大23%のAmazonギフト券が、「ふるさとプレミアム」では最大30%のAmazonギフト券がそれぞれ還元されます。

そんな「ふるさと納税」ですが、ここ数年は、寄付金をなるべく多く集めるために、豪華な返礼品を用意する自治体が増えていました。

ふるさと納税をめぐる総務省の新たな方針に、仲介サイトを運営する楽天グループが反発している。自治体に対し、利用者にポイントを付与する仲介サイトを通じた寄付の募集を禁止する総務省の新たなルールをめぐり、撤回を求める署名集めをオンラインで始めた。

さて、この新制度がスタートしたおかげで、「『ふるさと納税』の魅力が低下するのでは?」と危機感を抱いている人も多いかもしれません。実際、返礼品の種類によっては、以前ほどお得感を感じられなくなるでしょう。とはいえ、「もう『ふるさと納税』をする価値はなくなったのか?」と言えば、そんなことはありません。たとえ、返礼品の還元率が下がったとしても、返礼品がもらえる分だけ、確実に得をするという点は変わらないからです。

そんなわけで、2019年の「ふるさと納税」の枠は、夫婦2人分がまだすべてが残っている状況ですが、現在、新たな寄付先として検討しているのが、食品以外の返礼品です。

楽天の声明「自治体と民間の協力体制を否定するものだ」

 「ふるさと納税」では依然として食品の返礼品が人気ですが、最近は地元でのスポーツアクティビティなど、体験型の返礼品が注目されています。以前から体験型の返礼品はあったのですが、最近は種類も増加してきました。

ふるさと納税の返礼品は10万点以上存在するため、どのようにして返礼品を選んでよいか迷う人が多いです。この動画では専門家が節約したい人や贅沢したい人、還元率の高い返礼品を選びたい人など、消費者のタイプ別にふるさと納税の返礼品の選び方をわかりやすく解説しています。

私自身、毎年「ふるさと納税」をして、さまざまな返礼品を受け取っていますが、食品系の返礼品は肉にしても野菜にしても、分量が多くて驚かされることが多いです。我が家は私と夫の2人暮らしなので、消費できる量が限られており、大量の返礼品が届くとうれしい反面、食べ切るまでに苦労することも多いです。そのため、新制度が始まる6月より前に、駆け込みで「ふるさと納税」をすることも考えましたが、一度に大量に届いても困るのでやめておきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました