ドル円午前の為替予想、38年ぶり高値圏、米ISM製造業指数に注目 2024/7/1

FXブログ
ドル円午前の為替予想、38年ぶり高値圏、米ISM製造業指数に注目 2024/7/1

午前の為替予想は… 38年ぶり高値圏 米ISM製造業指数に注目

作成日時 :2024年7月1日8時00分
執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

ドル円予想レンジ

160.000-161.800円

前日の振り返りとドル円予想

28日のドル/円は38年ぶりの高値を更新。月末・四半期末の仲値公示に向けた実需のドル買いが観測されたほか、米大統領選の候補者討論会でトランプ氏が優位に立ったこともドル買いを誘い、1986年12月以来の高値となる161.27円前後まで上伸した。その後は持ち高調整と見られる動きで反落し、米5月個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)が予想通りに鈍化すると160.20円台まで下落したが、一巡後は160円台後半へと持ち直して小幅高で取引を終えた。
なお、週末に行われたフランス総選挙の第1回投票は、極右政党・国民連合(RN)が最多得票を得たが、第2回投票で単独過半数を獲得するのは難しい情勢。週明けのオセアニア市場でユーロは小幅に上昇して始まっており、懸案だったフランス総選挙を市場は無難に消化できそうだ。対ユーロでの円高リスクが大きく後退したと見られる中、本日のドル/円はあらためて38年ぶりの高値更新を目指す展開となる可能性があろう。高値更新に向けた最大の注目イベントは、NY市場で発表される米6月ISM製造業景況指数だ。市場予想は49.1となっており、小幅ながらも前月の48.7から上昇すると見られている。一方、その構成指数として発表され、インフレ動向を示すデータである「仕入価格指数」は前月の57.0から55.8に低下すると予想されている。

今朝 最新のドル/円チャート

ドル円 最新の為替チャート・FXチャート

レポートの本編は「外為どっとコムレポート」でチェック

「外為どっとコムトゥデイ 」記事一覧

 
kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、経済番組専門放送局の日経CNBC「朝エクスプレス」や、ストックボイスTV「東京マーケットワイド」、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。WEB・新聞・雑誌等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円午前の為替予想、38年ぶり高値圏、米ISM製造業指数に注目 2024/7/1

ドル円午前の為替予想 38年ぶり高値圏 米ISM製造業指数に注目

オーストラリア統計局が27日に発表する2月の消費者物価指数(CPI)は物価上昇率が1月よりも高くなると見込まれている。予想通りになれば5か月ぶりの物価上昇加速で、中央銀行のオーストラリア準備銀行(RBA)にとっては利下げが難しくなる要因になりそうだ。豪ドル円相場は21日に、約9年3か月ぶりの豪ドル高水準である1豪ドル=100円台をつけただけに、改めて豪ドル高への動きが出ることも想定される。ただし日本政府は急激な円安進行に神経を尖らせており、FX相場の先行きをめぐる不透明感は強い。

また、FXでは米ドル/円やクロス円の売りなど、スワップポイントを支払う方向のポジション(金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買っている状態)を持ち続けている場合は、ポジションの量に応じて日々、スワップポイントの支払いが生じます。

逆に、金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買う取引をした場合(先ほどの例だと、米ドル/円の売りポジションを保有しているとき)、スワップポイントは支払いとなります。

例えば、米ドル/円の下落を予想して1米ドル=100円のときに売り、予想どおりに下落して1米ドル=80円になった時点で買い戻せば、差額の20円が利益(100円-80円=20円)になります。反対に、予想が外れて為替レートが上昇してしまい、1米ドル=120円の時点で買い戻すことになれば、差額の20円が損失(100円-120円=▲20円)です。

さらに米連邦準備制度理事会(FRB)が20日までの連邦公開市場委員会(FOMC)に際して、年内に3回の利下げを行う方向性を維持すると、FX市場ではドル安が進行。豪ドルがドルに対して強くなった影響で、豪ドル円相場ではさらに豪ドル高が進んだ。LSEGのデータによると、豪ドル円相場は21日には一時、1豪ドル=100.12円をつけ、2014年12月9日(100.19円)以来の円安豪ドル高水準となった。

同じく、売りと買いどちらからでも取引を始められる金融商品に株の信用取引がありますが、信用取引をするには口座開設後に追加で審査が必要だったり、証券会社から株券を借りるための金利や手数料(貸株料)が発生したりと、実際に取引を始めるまでに初心者にはやや高いハードルがあります。

通貨ペアの組み合わせには、「クロス円」と呼ばれる日本円が絡んだものに加え、「ユーロ/米ドル」や「英ポンド/米ドル」のように外貨同士の通貨ペアも数多くあり、FX会社の中には100種類を超える通貨ペアを取り扱っている口座もあります。

一方、19日には日本銀行が大規模金融緩和策の終了を決めるとともに今後も緩和的な金融環境を維持することを強調し、ドル円相場(USD/JPY)では約1.1%の円安が進行。結果として、豪ドル円相場(AUD/JPY)では豪ドルが円に対して約0.6%高くなった。

例えば、米ドル/円の上昇を予想して1米ドル=100円のときに買い、予想どおりに上昇して1米ドル=120円になった時点で売却すれば差額の20円が利益(120円-100円=20円)になります。反対に、予想が外れて為替レートが下落し、1米ドル=80円の時点で売却することになれば差額の20円が損失(80円-100円=▲20円)です。

豪ドル円相場は25日午前の段階では98円台で取引されており、27日の2月CPI発表で物価上昇の根強さが意識されれば豪ドル高が再燃する筋書きも考えられそうだ。ただ、FX市場をめぐっては、神田真人財務官が25日朝、記者団に対して「すでに準備はできている」と述べ、投機的な円安の動きに対しては為替介入で対応する可能性を強く示唆。日本政府の為替介入に対する警戒感が、今後の豪ドル円相場で円高の流れを強めることも想定される。

ただ、FX市場の反応は複雑だ。RBAの声明文は、2月理事会後の声明文での「さらなる政策金利の引き上げも排除することはできない」との文言は削られており、金融市場ではRBAが利上げを行う可能性が低くなったと受け止められた。このため19日のFX市場では、豪ドルがドルに対して約0.5%安くなった。

例えば、取引する通貨ペアが「米ドル/円」の場合、米ドルの金利が日本円の金利よりも高いので、米ドル/円の買い(米ドル買い・円売り)ポジションを持ち続けることで日々、日割り計算されたスワップポイントを受け取ることが可能です。

例えば、主要FX口座の米ドル/円のスプレッドは0.2銭あたりに集中していますが、0.2銭のスプレッドは、実際にはどのくらいのコストになるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました