ハイA経済指標をひと目で確認「ユーロ圏6月消費者物価指数」2024年7月2日発表-超速ファンダ

FXブログ
ハイA経済指標をひと目で確認「ユーロ圏6月消費者物価指数」2024年7月2日発表-超速ファンダ

f:id:gaitamesk:vp:plain

◇詳細はこちらのYouTube動画で

ハイA経済指標をひと目で確認「ユーロ圏6月消費者物価指数」2024年7月2日発表-超速ファンダ
-★☆★ TEAMハロンズ視聴者キャンペーン! ★☆★ここ(↓)から口座開設すると、通常の口座開設特典と併せて、新規取引1回1万通貨(10lot)以上で5,000円プレゼント中!さらに、取引量に応じて最大1,000,000円、合わせて最大1,005,000円キャッシュバック!

こちらは、米国以外のハイAクラスの経済指標に対するエコノミストの見方をご紹介する番組です。

TEAMハロンズは平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

ハイA経済指標をひと目で確認「ユーロ圏6月消費者物価指数」2024年7月2日発表-超速ファンダ

動画要旨

ユーロ圏6月消費者物価指数

今回は7月2日、日本時間18時に発表される欧州の6月消費者物価指数、CPI速報値です。CPIは、世帯が購入する財・サービス価格の平均的な変動を測定したインフレ率を見る上での代表的な指標です。ECBはインフレ率2%を目標に、1-3%内に抑えるように政策調整を行います。

ユーロ円の反応

ユーロ円の反応

直近3回を見ると、指標への反応は鈍く、20銭から30銭程度動くのがせいぜいと言ったところですが、結果によってはECBの緩和への思惑が加速したり、巻き戻されたりすることで、ユーロ円の振幅がこれまでよりも大きくなる危険もあるため、注意は怠れません。

◇詳細はこちらのYouTube動画で

ハイA経済指標をひと目で確認「ユーロ圏6月消費者物価指数」2024年7月2日発表-超速ファンダ
-★☆★ TEAMハロンズ視聴者キャンペーン! ★☆★ここ(↓)から口座開設すると、通常の口座開設特典と併せて、新規取引1回1万通貨(10lot)以上で5,000円プレゼント中!さらに、取引量に応じて最大1,000,000円、合わせて最大1,005,000円キャッシュバック!

 ※この文章は情報提供を目的としており、見通しはあくまでも個人的な見解に基づいたもので、結果を保証するものではありません。投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

 
Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。X(Twitter)アカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ハイA経済指標をひと目で確認「ユーロ圏6月消費者物価指数」2024年7月2日発表-超速ファンダ

ハイA経済指標をひと目で確認 ユーロ圏6月消費者物価指数 2024年7月2日発表-超速ファンダ

直近3回を見ると、指標への反応は鈍く、20銭から30銭程度動くのがせいぜいと言ったところですが、結果によってはECBの緩和への思惑が加速したり、巻き戻されたりすることで、ユーロ円の振幅がこれまでよりも大きくなる危険もあるため、注意は怠れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました