中国で日系百貨店の閉店相次ぐ

FXブログ
中国で日系百貨店の閉店相次ぐ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 中国で日系百貨店の閉店相次ぐ

中国で日系百貨店の閉店相次ぐ

伊勢丹が中国で次々と店を閉じるのは、実際には店舗側が主張するリースの満了だけでなく、業績が持続的に低下しているためだ。2023年3月から11月にかけて、上海梅龙鎮の伊勢丹は3億7600万円の損失を記録した。実際に、伊勢丹以外にも伊藤洋華堂などの日系百貨も赤字が続き、中国での事業を縮小している。

これらの動向から、中国での日本の伝統的な百貨店がもはや人気がないことを示す信号が出ている。これは残念な兆候だが、日本の百貨店はかつて中国の発展した経済地域の一時代を象徴していた。それは当時の小売業界のリーダーであり、流行とトレンドの象徴であり、90年代に疾走した「宝の持ち腐れ」たちと、地元の中年層にとっての青春の象徴だった。

中国市場での伊勢丹の縮小は、タイムリーに市場の変化に対応できず、長年にわたって過去のビジネス哲学を維持し続けたため、時代遅れと見なされ、消費者のニーズと乖離している。多くの中国のネットユーザーは、上海梅龙鎮の伊勢丹にいると、まるで10年前から時間が止まったかのような感覚を覚え、上の階に行くほどその感覚は強まると述べている。

その中には日系百貨店の影もある。2021年には、日本の阪急百貨の最初の海外店舗として中国の寧波阪急がオープンし、開店年には約40億元(約853億円)の売り上げで寧波で第二位、中国のトップ50にランクインした。2018年には、上海新世界大丸百貨が専門化粧品の販売に特化し、苦境を乗り越えて業績を伸ばした。

【4月16日 東方新報】2024年のわずか4か月で、中国にある伊勢丹の三つの店舗が閉店を発表した。

【上海=山下福太郎】中国で日系百貨店の閉店が相次いでいる。上海市の伊勢丹は30日に最後の営業を終え、中国本土の伊勢丹はピーク時の6店舗から1店舗に減った。ネット通販の拡大や不動産不況に伴う消費不振が背景にあり、百貨店事業の苦境が浮き彫りになっている。

これらの百貨店が中国で確固たる地位を築くことができたのは、彼らが戦略を理解し、状況を利用することを知っているためである。あるいは、特定の分野に焦点を当て、モールをその分野のハブに変える。または、デジタル化、没入型体験、文化的ファッションなどのテーマを強調し、高品質のショッピングプラットフォームを提供しつつ、消費者の社会的、娯楽的、その他のニーズの満足度を最大化する。

この結果、中国本土に残る伊勢丹は天津の仁恒店のみとなった。情報筋によると、この店舗が存続できる理由は、「若い」こと(開業からわずか3年)と、中国の仁恒置地と共同で開発されたプロジェクトであるためだ。つまり、その生存は伊勢丹の一般的なビジネスモデルからの脱却によるものだ。

【上海=山下福太郎】中国政府は29日、レアアース(希土類)が「国家に帰属する」として、採掘や輸出を規制する関連規則を公布し、10月1日から施行すると発表した。中国は世界のレアアース生産量の7割を占め、国家管理を強化し日米欧をけん制する狙いとみられる。

日本の百貨店グループである伊勢丹はその代表例だ。20世紀の最後の10年間に中国に進出し、高品質な商品を多く集め、その専門的で高水準のサービスが中国の人々から称賛された。当時は、伊勢丹の商品を使用することはもちろん、伊勢丹のショッピングバッグを持って街を歩くだけで注目された。

伊勢丹が中国市場に初めて進出した当時と比べ、今日の中国のビジネス環境と消費観念は異なる。過去には、日系百貨店は高級商品を販売する主要なプラットフォームであり、消費者に熱心なサービスを提供していた。伊勢丹は中国で容易に評価を得て、好評を博していた。中国の経済白蹄と都市化の進展により、百貨店は多くの都市で標準的な設備となっている。国金センター、SKP、老佛爺などの高級百貨店の前では、伊勢丹の輝きは昔ほどではない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました