新紙幣の疑問 どこで手に入るのか

FXブログ
新紙幣の疑問 どこで手に入るのか
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 新紙幣の疑問 どこで手に入るのか

新紙幣の疑問 どこで手に入るのか

新紙幣は日銀から金融機関に配布される。消費者は、発行開始日以降に金融機関の窓口やATMなどで順次新紙幣を入手できる。タイミングはばらつきが生じるため、消費者が実際にいつ手にできるかは「発行開始日が近づいたら金融機関に問い合わせてほしい」(金沢氏)と説明した。

7月3日から始まる新紙幣について、街からは疑問の声が寄せられた。新紙幣は大手メガバンクでは3日から両替可能で、自販機やATMなどの対応も進められている。また、旧紙幣には使用期限はなく、特定の番号の新紙幣は高い価値を持つという。

日銀の金沢敏郎発券局長は12日、3種類の新紙幣について24年3月末までに45億3000万枚を備蓄する計画を明らかにした。前回の刷新時の備蓄(約50億枚)と同程度という。その後も備蓄を進める。

5年も前から新紙幣発行を公表するとはなんて気が早い!と思うかもしれませんが、新旧銀行券の円滑な入れ替えや偽造防止の観点からも、しっかりとした計画のもとに公表されているわけです。

新紙幣の発行後も、現在の紙幣は引き続き使用できる。今の紙幣の製造は既に終了している。

新紙幣対応のシステムを導入する際の想定費用は、導入するレジや自動精算機の機器によりますが50万円~450万円程度になると見込まれます。複数の機器を比較検討しつつ、予算との折り合いを付けながら導入を検討してみてください。

ここまで、新紙幣に描かれる人物像についてみてきました。キャッシュレスが進む現代ですが、いまだ現金への信頼が高い日本。こうした背景を基に、描かれる人物像について知見を高めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました