行方不明の13歳 声かけたJR駅員

FXブログ
行方不明の13歳 声かけたJR駅員
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 行方不明の13歳 声かけたJR駅員

行方不明の13歳 声かけたJR駅員

11日午後3時ごろ、御前崎市上朝比奈の市道で、牧之原市の自主運行バスが道路脇の茶畑に突っ込む事故があった。牧之原市によると、同市立相良小の児童5人が乗車していて、このうち2人が病院で診察を受けたという。 菊川署などによると、バスは男性(71)が運転し、進行方向右側の茶畑に突っ込んだという。普段は主に通学用として利用され、児童は下校中だった。 現場は御前崎市と牧之原市の市境付近で、センターラインのない緩やかなカーブ。

8日午後、静岡市葵区の南アルプス荒川岳周辺で神奈川県横須賀市の男性自衛官(49)が行方不明になったと家族から届け出があり、9日に県警山岳遭難救助隊が捜索を始めた。静岡中央署によると、男性は3日に単独で荒川岳方面に入ったとみられる。下山予定の7日になっても帰宅しないため家族が届け出た。

28日午後5時ごろ、浜松市天竜区春野町の入手山に入山した浜松市中央区の無職男性(78)が行方不明になったと、知人から消防に通報があった。天竜署によると男性は同日午前8時ごろ、知人2人とともに入山し、途中1人で先に下山したが、知人との待ち合わせ場所に姿を見せなかった。同署と浜松市消防局が29日午前5時から捜索予定。

16日午前4時20分ごろ、浜松市中央区法枝町のローソン浜松法枝町店で、何者かがフォークリフトのような車両でガラス扉などを突き破って侵入し、ATMを持ち去ろうとした。浜松中央署は窃盗未遂事件として犯人の行方を追っている。 同署によると、ATMを持ち去ろうとしたが、運び出すことができずそのまま逃走したとみられる。 当時店は営業時間外で、警備会社からの通報で発覚した。レジ周辺に物色した痕跡があり、詳細な被害は確認中としている。複数犯の可能性もあるとみて捜査を進めている。 現場はJR浜松駅から南へ約3キロの住宅や農地などが点在する地域。

7日午前10時15分ごろ、愛知県豊橋市大岩町の火打坂交差点付近を緊急走行していた湖西市消防本部南分署の救急車が、赤信号で止まっていた中型トラックと接触した。けが人はなかったが、救急車のサイドミラーが損傷して整備不良の状態になったため、豊橋市消防本部に応援を要請して同市内の病院に患者を搬送した。 湖西市消防本部によると、救急車が進行方向の車を避けて反対車線を走行しようとした際、進行方向の右折車線に止まっていたトラックの右後方に救急車の前方左側のミラーが当たった。事故発生から38分後に豊橋市消防本部の救急車で搬送を再開した。急病で運ばれていた50代男性の症状に影響はなかったという。

23日午前6時ごろ、富士山に登山へ向かった東京都の男性会社員(53)の家族から、「富士山に登山に行ったが、連絡が取れなくなった」と110番があった。御殿場署によると、男性は須走口から登山することを家族に伝えていて、捜査員が須走口5合目で男性の車を確認した。22日午前10時ごろ、男性が家族に山頂辺りの写真を送信した後、連絡が途絶えたという。下山中に行方不明になったとみて、捜索している。

5月31日に焼津市内の自宅を出て南アルプス茶臼岳付近の沼平駐車場(静岡市葵区)に車を止めたまま行方不明となっていた焼津市の男性会社員(54)について、静岡市消防局は12日、南アルプスの明神谷で発見し、ヘリで救助した。同消防局や静岡中央署によると、右足首を骨折している疑いがあるが、命に別条はないという。家族が焼津署に届けてから9日後の発見だった。

東京都日野市の男性会社員が富士登山中に行方不明になり、遺体が火口で見つかった遭難事故で、静岡県警は30日、男性会社員の遺体とともに発見した別の2遺体を御殿場署に収容したと発表した。遺体はいずれも男性だった。同署などが身元の特定を急いでいる。 同署によると、収容した遺体は身長約165センチと約185センチで、それぞれジャンパーや手袋、ヘルメットなどを身に着けていた。山岳救助隊員が火口から山頂まで遺体を引き上げ、5合目までブルドーザーで運んだ。 2遺体は26日までに、男性会社員の捜索過程で見つかった。3人は別々に登山していたとみられる。

4月27日に南アルプスの間ノ岳方面に出かけ行方不明になっていた神奈川県茅ケ崎市の男性会社員(49)が8日、静岡市葵区の南アルプス内の山小屋「熊の平小屋」付近で発見され、市消防局のヘリに救助された。静岡中央署が同日発表した。同署によると、午前9時ごろに山梨県警ヘリが見つけた。男性は脱水症状がみられるが命に別条はないという。

25日午前5時25分ごろ、北海道の襟裳岬南東約300キロ沖で、操業中の漁船の乗組員が海に転落したと救助要請があった。第1管区海上保安本部(小樽)によると、静岡県の男性乗組員(43)が行方不明となっており、巡視船と航空機で捜索している。 船は三重県尾鷲市のカツオ一本釣り漁船「第17徳栄丸」(499トン)で、28人が乗っていた。

行方不明になっていた13歳の中学生の男の子を発見し保護したJRの駅員が、千葉県警から感謝状を贈られました。

その頃、黒部署では約半数の署員が市内に散り、2人の子どもの行方を必死に捜索していた。約1時間前、黒部市内の9歳の男児と8歳の女児が帰宅しないと、それぞれの家族から届け出があったためだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました