【見通し】NY株見通し-利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長発言に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長発言に注目

今晩はパウエルFRB議長発言に注目。下半期入りとなった昨日は主要3指数がそろって上昇。ダウ平均が50.66ドル高(+0.13%)、S&P500も0.27%高となり、ハイテク株主体のナスダック総合は0.83%高とダウ平均、S&P500をアウトパフォームした。ナスダック総合は半月ぶりに終値の過去最高値を更新し、マグニフィセント7はテスラが6.05%高となったほか、アップル、マイクロソフト、アマゾンが2%超上昇し、エヌビディア、アルファベット、メタ・プラットフォームズも0.1-06%高となった。ただ、S&P500採用銘柄は379銘柄が下落し、上昇は122銘柄にとどまった。

 今晩の取引ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言や経済指標に注目する展開か。欧州中央銀行(ECB)主催のECBフォーラム(日本時間:22:30~)で、パウエルFRB議長がラガルドECB総裁などとパネルディスカッションに参加予定で、金融政策の先行きについての発言が注目される。経済指標では寄り後に5月JOLTS求人件数が発表予定で、求人件数が4月の805.9万件から791.0万件に減少が見込まれている。パウエルFRB議長発言やJOLTS求人件数を受けた米10年債利回りの動向が注目される。

 今晩は主要な企業の決算発表はなし。(執筆:7月2日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長発言に注目

見通し NY株見通し利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長発言に注目

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は6日の議会証言に臨む。パウエル氏は、利下げの開始時期について、「今年のある時点から政策抑制幅を縮小し始めるのが適切であろう」との見通しを明らかにする。FRBが証言の冒頭声明を事前に公開した。

27‐28日の日銀金融政策決定会合を前に植田日銀総裁は先週18日のG20の場で物価安定の目標には距離があるとの認識があり、そうした認識を前提の上で副作用に配慮しつつイールドカーブ・コントロール(YCC)を続けてきたとしたほか、物価については毎回の金融政策決定会合でチェックするとの考えを明らかにしました。一方、今回公表される物価展望レポートでは物価見通しを2025年度まで2.0%前後へと上方修正するとの観測もあります。そのため、植田総裁の先週の発言で「物価安定の目標には距離があるとの認識」を前提として・・・と発言していただけにこの前提が変われば政策決定会合は無風ではない可能性もあります。また、先週20日に内閣府は今年度の物価見通しを前年比+2.6%と発表しており、展望レポートでの上方修正が確実視される根拠の一つとなっています。

今晩は引き続き神経質な展開か。イランのイスラエルへの大規模攻撃に対するイスラエルの報復の可能性が引き続き意識されるほか、前日のパウエルFRB議長発言を受けた利下げ期待の後退が引き続き上値の圧迫要因となりそうだ。一方、先週からスタートした第1四半期決算発表はおおむね好調で、企業業績の好調見通しが下値の支えとなりそうだ。利下げ見通しをめぐっては、FRBが取引時間午後に公表する米地区連銀経済報告(ベージュブック)が注目され、強い報告が相次ぐと利下げの後ずれ見通しがさらに強まることも警戒される。

そのため、市場が見込む通り「現状維持」を決めるにしても、焦点は「今後」「いずれかの時点」でYCCの修正/撤廃を含めた緩和政策の修正を検討との見解が示される可能性があると予想。そのため、植田総裁の会見も含めて緩和政策修正の時期(年内/今年度中など)や前提条件、さらには物価見通しについての発言が注目されます。総裁は6月の政策会合後の会見で「13ヵ月、2.0%を上回る状況が続いているものの、先行きは低下し、再び2.0%を下回ると見ている。こうした見通しが大きく変わることになれば、政策の変更につながってくると思う」と述べており、展望レポートで物価見通しが上方修正されると見込まれる中、総裁の発言が政策変更に向けて予想以上のタカ派色の強いものとなれば円安の修正が進む可能性に注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました