[米ドル円]パウエル議長発言

FXブログ
[米ドル円]パウエル議長発言
(米ドル円日足)

日本のGDPが下方修正されたことなどから円売りが先行。NY市場では米6月ISM製造業景況指数が予想を下回りドル円も160円95銭まで下落したが米長期金利の上昇や期首に絡む纏まったドル買いも入ると161円72銭まで上昇。介入警戒感が燻るなかで堅調な株式市場などからのリスクオンの円売りもありクロス円がドル円を押し上げた格好だ。
ただ、今日のNY時間にはパウエル議長の講演が予定されており、内容次第でドル売りが強まる可能性もある。
米CPIやPPIに加え先週発表されたPCEデフレーターもインフレ鈍化を示すものが続いていることから、FRBの年内2回の利下げが示されるか注目。

ドル円予想レンジ:162円30銭~160円60銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]パウエル議長発言

パウエル議長発言”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました