【見通し】NY為替見通し=独立記念日の休場で閑散取引だが、円買い介入の可能性には要警戒か

FXブログ
【見通し】NY為替見通し=独立記念日の休場で閑散取引だが、円買い介入の可能性には要警戒か

本日のNY為替市場のドル円は、独立記念日で休場のため閑散取引が予想される中、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入の可能性には警戒しておきたい。

 本邦通貨当局は、2022年9月21日は東京勢が退場しつつあった17時30分頃、10月はロンドン勢が退場しつつあった23時30分頃と東京勢が参入しつつあった8時30分頃、2024年は、4月29日の東京市場が休場の日や5月2日の午前5時といった取引が薄くなる時間帯にドル売り・円買い介入を実施している。

 おそらく円買い介入を指揮している神田財務官が、市場取引が薄い時間帯を狙って介入効果を最大限にするための戦術を採っていると思われることで、本日のニューヨーク市場休場という閑散取引の中での円買い介入の可能性には警戒しておきたい。

 本邦通貨当局は、2022年と2024年の円買い介入に際して、米財務省へ事前に通告していなかったことをイエレン米財務長官から批判されている。そのため、今後の介入は事前に通告して、介入の大義名分としてはボラティリティーの抑制と、為替報告書で監視リスト入りした要因である対米貿易黒字の削減のため、などが挙げられる。

 ドル売り・円買い介入の原資である外貨準備高は、5月末時点で1兆2316億ドル、このうち証券は9276億ドル(@161円=約149兆円)となっている。

・想定レンジ上限

 ドル円の上値目処(めど)は、162.64(ピポット・レジスタンス2)

・想定レンジ下限

 ドル円の下値目処(めど)は、160.63(7/1安値)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY為替見通し=独立記念日の休場で閑散取引だが、円買い介入の可能性には要警戒か

見通し NY為替見通し独立記念日の休場で閑散取引だが 円買い介入の可能性には要警戒か

6日23:05 カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明 「主要国のインフレ率は低下し続けているものの、コアインフレ率は依然として上昇している」 「主要中銀は引き続き物価安定の回復に注力している」 「2023年の第2四半期には成長が鈍化。これは主に中国の大幅な減速を反映」 「米国では、堅調な個人消費に牽引され、予想を上回る成長を遂げた」 「欧州では、サービス部門の好調が成長を支え、製造業の継続的な縮小を相殺」 「実質金利の上昇を反映して世界の債券利回りは上昇し、原油価格は7月時点の想定よりも高い」 「カナダ経済は物価圧力を緩和するために必要な低成長期に入った」 「2023年の第2四半期には経済成長が急激に鈍化し、生産量は年率で0.2%減少」 「金利上昇の影響で幅広い借り手の支出が抑制され、家計信用の伸びが鈍化した」 「労働市場の逼迫は徐々に緩和している。ただ、賃金上昇率は4-5%程度にとどまっている」 「最新のCPIデータは、依然として広範囲にインフレ圧力が存在していることを示唆」 「ガソリン価格の上昇により、CPIインフレは再び緩和するまで、短期的にはさらに上昇すると予想」 「コアインフレの前年比および3カ月間の指標は現在、いずれも約3.5%で推移」 「基調インフレに最近下向きの勢いがほとんどないことを示唆」 「高インフレが長く続くほど、インフレ高進が定着するリスクが高まり、物価の安定を回復することがより困難になる」 「経済の超過需要が緩和していることを示す最近の証拠と、金融政策の効果の遅れを考慮して、理事会は政策金利を5%に維持し、バランスシートの正常化を継続することを決定」 「理事会は依然として基調的なインフレ圧力の継続を懸念しており、必要に応じて政策金利をさらに引き上げる用意がある」 「理事会は引き続きコアインフレの動向とCPIインフレの見通しを評価する」 「特に超過需要の推移、インフレ期待、賃金上昇率、企業の価格設定行動が2%のインフレ目標の達成と一致しているかどうかを評価する」 「BOCは物価安定を回復するという決意を貫く」

6日22:29 ベイリー英中銀(BOE)総裁 「インフレの低下がかなり顕著になる可能性」 「最新の英経済指標はBOEの予想通りに推移」 「インフレの低下は続く見通し」 「インフレが上昇しても見通しは変わらない」 「エネルギー価格はCPI上昇につながる可能性」 「次回公表のCPIデータはインフレ上昇の可能性」 「BOEのバランスシートを時間をかけて削減する計画」

コメント

タイトルとURLをコピーしました