来週の為替予想(ポンド/円 ユーロ/円) 「イベント通過で短期は調整含みか、目線は上方向を維持」ハロンズ FX 2024/7/7

FXブログ
来週の為替予想(ポンド/円 ユーロ/円) 「イベント通過で短期は調整含みか、目線は上方向を維持」ハロンズ FX 2024/7/7
 

f:id:guh202109:20210908154742p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人
執筆日時 2024年7月5日 13時00分

イベント通過で短期は調整含みか、目線は上方向を維持

ユーロ/円・ポンド/円、上昇後に伸び一服

フランスの総選挙に対する警戒心が若干和らぎ投資家のリスクセンチメントが改善する中、円安の流れも加わりユーロ/円は174.511円まで史上最高値を塗り替えました。ポンド円も底堅い展開となり206.170円までレンジ上限を広げました。もっとも、上昇一巡後は米雇用統計の発表を控えたポジション調整から伸び悩みました。(各レート水準は執筆時点のもの)

FXのライブ解説、大きな材料がなくても円売り発生しやすい局面 (2024年7月3日)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

仏格下げ不安はまだ継続

フランス国民議会選挙の第1回目投票は、極右政党・国民連合(RN)が下馬評通り最多得票を獲得しました。しかし、与党連合が7日の決選投票に向けて、野党・左派連合との候補者の一本化に動き始めたことで、RNが単独過半数を得るのが難しくなったとの思いから、ユーロへの警戒心が緩和しています。最新の世論調査からはRNの獲得議席数は190-220議席にとどまり、過半数議席となる289議席(定数577)には達しないとの見方が優勢です。この見通しに反して、RNが過半数を取るようなら、改めてソブリンリスクが意識されてユーロを圧迫しそうです。

かたや予想通りであれば、ユーロ安圧力は緩和しユーロは戻りを試す可能性はあります。しかし、RNの財政拡大による同国の格下げ問題が完全に払しょくされたわけではないほか、ECBの利下げ観測から、ユーロはイベント通過で買われても上値は限定的でしょう。円安にサポートされて底堅い動きを続けるユーロ/円も、目線はまだ上向き維持ですが上方向はもたつく可能性がありそうです。

ユーロ/円は短期的な調整も。5月3日安値(164.012円)を起点とするフィボナッチエクスパンションの100%ラインに到達して伸び悩む格好になっています。チャネル上限も越えており、短期的には買われ過ぎ感が強いように感じます。一度、7月1日に開けた窓を埋める格好になるかもしれません。

【ユーロ/円チャート 日足】

EUR/JPY日足チャート
出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:EUR/JPY:170.000-176.000

将来はEUとの協議が不安要因

英国総選挙では労働党が定数650議席のうち410議席を獲得する見込みで、歴史的な勝利で14年ぶりに政権を奪取する見通しとなりました。労働党のスターマー党首は厳格な財政規律を重視する姿勢を示していたこともあり、選挙戦を通じてポンドには安堵感が漂い、じりじりと下値を切り上げていました。労働党のスタンスは中道に近く、政策変更が大幅に変更される可能性が低いこともあり、この先もポンドがじり高となる可能性はあります。

しかし、中期的にはEUとの関係改善が労働党政権の障壁となるかもしれません。特にEU単一市場や関税同盟への再加盟を望む国民が2割ほどいる一方、否定的な国民も根強くいます。また、交渉の相手方となるEUも、北アイルランド議定書の時のような過去の苦い経験から協議にどれほど熱意があるかも疑問です。こうした点は、将来的にポンドを不安定にさせる恐れはありそうです。目先は、無事に選挙をこなした安堵感や、シカゴ通貨先物における投機筋のポジショニングがネットロングへかなり偏っていることもあり、調整的な動きがメインになるのではないかと考えています。

シカゴポジショニング

ポンド/円も上昇チャネルに沿って底堅い展開を続けていますが、21日移動平均線との乖離も進んだことで、同線との乖離が縮小する方向に動くのではないでしょうか。このラインを下回った場合、次は200.00円を視界に捉えそうです。上方向は心理的な節目の208.00円が上値めどとして意識されそうです。

【ポンド/円チャート 日足】

GBP/JPY日足チャート
出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:GBP/JPY:202.000-208.000

7/8 週のイベント:

スケジュール

外為どっとコム「経済指標カレンダー」

一言コメント

ウナギの完全養殖のコストが8年前の20分の1となる1800円まで抑えることが出来るようになったとのことです。商業化までは時間がかかるそうですが、手ごろな値段で食べられるようになることを期待しています。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 来週の為替予想(ポンド/円 ユーロ/円) 「イベント通過で短期は調整含みか、目線は上方向を維持」ハロンズ FX 2024/7/7

来週の為替予想 ポンド 円

また、3月英消費者物価指数(CPI)は前年比3.2%と伸びは2021年9月以来の低水準となるも、市場予想ほど低下しなかった。来週は4月製造業・サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)の発表が予定されており、景気減速への懸念を緩める結果になるかが注目される。

ドル円が148.50レベルをも下方ブレイクする場合は、148.00レベルを視野に反落相場の進行を警戒したい。

ポンドドル(GBP/USD)が、ひとまず1.21台の維持に成功している状況も考えるならば、今日のポンド円は、新たな上値の水準を探ることが焦点となろう。

来週の円相場は、25-26日に予定されている日銀金融政策決定会合や植田日銀総裁の会見に焦点が集まる。大きなサプライズはないと見込まれるが、日銀の利上げペースを予想する上で、新たな物価見通しなどを示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」が注目される。

16日の終値に比べ0.13円のドル安/円高だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?

しかし、9月にポンド売りが加速した状況は、英中銀の利上げサイクル終了と、その先の利下げ政策への転換を市場参加者が意識していることを示唆している。

来週、加ドルの動意につながりそうな注目の経済指標やイベントは予定されておらず、中東情勢などを背景とした原油相場の動きを見極めることになる。ただ、3月CPIの結果を受けて利下げ思惑が高まっており、加ドルは対ドルで上値の重い動きが続くか。カナダ3月CPIは前年比2.9%と市場予想と一致。前月の2.8%からわずかに上昇したが、カナダ中銀(BOC)が基調的な物価動向として重視するCPI中央値とCPIトリムはそれぞれ2.8%、3.1%と3カ月連続で伸びが鈍化した。

ドル円が上のゾーンをも下方ブレイクする場合は、直近高安の半値戻しの水準にあたる148.50レベルの攻防に注目したい。この水準は、サポートへ転換する可能性がある。

月初来の英ポンド相場のパフォーマンスを確認すると、主要通貨に対して下落していることが分かる。金融緩和政策を維持し、対米ドルで円安優勢のトレンドが続いている日本円に対してさえ下落する状況にある。

乱高下するポンド/円、週末から月末にかけての上下のメドは?「今日の注目通貨」をご覧ください。

25日の終値に比べ0.08円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

ポンド円(GBP/JPY)は現在10日線を上方ブレイクし、反発のムードにある。MACDは地合いの弱さを示唆するトレンドにあるが、低下トレンドからゴールデンクロスを形成するムードが出ている。

ベイリーBOE総裁はインフレ率低下を示す力強い証拠があるとし、4月CPIはBOEの目標水準2%に向けて大きく減速するとの見通しを明らかにした。BOEが米連邦準備制度(FRB)より先に利下げに踏み切る可能性を示唆している。ただ、利下げを開始する前に「どの程度の証拠が必要」なのかはBOEにとって依然として課題であるとの認識も示した。最近、英政策見通しは一進一退を繰り返しているが、米英利下げ見通しの格差は引き続きポンドの対ドルの上値を圧迫しそうだ。

ポンド円がこの移動平均線(10日線)を難なく下方ブレイクする場合は、相場をサポートした経緯のある181.90レベル、サポートの水準へ転換する可能性のある181.60レベル、そして28日以降の反発相場の起点となった181.04レベル(181円)を視野に反落相場の進行を想定しておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました