賃貸物件、増える「敷金ゼロ」

賃貸物件、増える「敷金ゼロ」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 賃貸物件、増える「敷金ゼロ」

UR賃貸(公的な賃貸物件)は礼金・仲介手数料が必要ありません

敷金がいらない賃貸物件が増えている。不動産情報サイトを運営する「LIFULL(ライフル)」が、2018~23年に自社サイトに掲載した物件を調査して分かった。賃料があがるなか、初期費用を抑え借り手を見つけやすくする狙いもありそうだ。

賃貸物件を選ぶ際には、初期費用のみならず、長期的な生活コストも考慮することが重要です。敷金・礼金なしのゼロゼロ物件は、初期費用を削減できる魅力的な選択肢ですが、unitoのようなサービスを利用することで、さらに多方面からコスト削減を図ることが可能です。ただし、ゼロゼロ物件にもunitoにも、それぞれのメリット・デメリットが存在しますので、自身のライフスタイルや予算に合わせて最適な選択をすることが大切です。契約前には、それぞれの物件の条件を慎重に検討し、後悔のない選択を心がけましょう。

敷金・礼金はどちらも賃貸物件を借りる際の初期費用として支払うことは共通していますが、敷金は大家さんに預けるお金であり、礼金は家賃と同じように大家さんに支払うお金であるという違いがあります。敷金は家賃滞納や退去費用が発生した際に、不足した金額を敷金から差し引くという「保証金」の性質を持っています。一方で礼金は、新築物件などで大家さんへのお礼の意味合いで支払うものであり、返還されたり家賃の支払いに充てられたりすることはありません。そのため礼金なしの物件は入居者にとってメリットが大きいですが、敷金なしの物件は入居者にデメリットが発生することがあるので注意が必要です。

ゼロゼロ物件が増加した背景には、複数の要因があります。インターネットの普及により、希望の条件に合った賃貸物件を簡単に比較検討できるようになったこと、人口減少による入居者数の減少、賃貸物件間の競争の激化、さらには家賃保証会社の台頭により、家賃滞納リスクが管理されるようになったことなどが挙げられます。これらの変化は、大家さんや管理会社にとって、敷金や礼金を免除し、より魅力的な条件で入居者を募る動機となりました。

次に「礼金」について確認してみましょう。「礼金」は言葉の通り、部屋を貸してくれる大家に対してお礼の気持ちとして支払うお金のこと。そのため、敷金と違って退去時にお金が戻ってくるということはありません。これは賃貸物件が少なかった時代の慣例なため、現在は礼金ゼロの物件も増えています。

ゼロゼロ物件、すなわち敷金と礼金が不要な賃貸物件は、初期費用を抑えたい入居希望者にとって魅力的な選択肢となっています。しかし、このタイプの物件を選択する際には、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが重要です。また、ゼロゼロ物件には注意すべき点もありますので、それらについても詳しく見ていきましょう。

ゼロゼロ物件はまだ全体の賃貸物件市場においては少数派です。そのため、希望する条件に合う物件を見つけるのが難しい場合があります。

引っ越しのピークシーズンである2月〜4月頃を過ぎると、賃貸物件の契約も閑散期に入って入居者が決まりにくい期間が続くため、敷金礼金なし物件が増える傾向にあります。前述したように空室期間が続くことを大家さんは嫌うため、少しでも多くの入居者を呼び込むために敷金礼金なしに切り替わる物件が増加します。

敷金と礼金は、賃貸物件を借りる際によく耳にする用語ですが、これらが何を意味するのか、そしてゼロゼロ物件の場合、実際の初期費用はどのように変わるのかを詳しく解説します。敷金は、貸主である大家さんから物件を借りる際に、担保として預ける保証金のことを指します。これは、入居者が家賃を滞納した場合や、退去時に物件に損害を与えた場合に、その補修費用として使用されることが一般的です。敷金の額は物件や地域によって異なりますが、家賃の1ヶ月分から2ヶ月分が目安です。一方、礼金は、物件の借主が大家さんに対して支払うお礼の金銭で、契約成立の際に一度きり支払われる費用です。礼金もまた、家賃の1ヶ月分から2ヶ月分が一般的な範囲とされています。しかし、この礼金は敷金と異なり、入居者に返却されることはありません。

UR賃貸(公的な賃貸物件)は礼金・仲介手数料が必要ありません。初期費用として必要なのは、敷金(月額家賃の2か月分)と日割り家賃・共益費となります。

賃貸物件の中には、敷金礼金が0円で借りられる「ゼロゼロ物件」と呼ばれる部屋があります。敷金礼金なしの物件では、初期費用を抑えられて安く部屋を借りられるため、引っ越し費用に余裕がない方からも人気が高い傾向にあります。

賃貸物件を借りる際には、様々なお金が初期費用として必要になってきます。

賃貸物件を探していると、必ず目につく敷金礼金という言葉。実は相場に地域差があることをご存知ですか?物件探しを始める前に、それぞれの地域にどんな特徴があるのかチェックしてみましょう!

ゼロゼロ物件は、初期費用を抑えたいと考える入居者にとって魅力的な選択肢です。しかし、物件によっては家賃が相場よりも高めに設定されている場合があるため、長期的な視点で総コストを検討することが大切です。また、立地や設備、日当たりなど、住まい選びの他の重要な要素も犠牲にしないように注意が必要です。ゼロゼロ物件を選ぶ際は、初期費用だけでなく、物件の総合的な価値を考慮することが求められます。敷金・礼金なしの物件が一般的に増えている現在、賃貸物件を選ぶ際の一つの選択肢として、これらの物件を検討することは賢明な判断と言えるでしょう。

賃貸物件をお探しの際はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました