メキシコペソ/円見通し ドル安でも上がらないペソ 米墨の政治に不透明感【知っトク!メキシコペソ】2024/7/8

FXブログ
メキシコペソ/円見通し ドル安でも上がらないペソ 米墨の政治に不透明感【知っトク!メキシコペソ】2024/7/8
 

このレポートでは、メキシコペソとアメリカ経済や日本円との為替レートの動き、メキシコペソの見通し、そしてその影響を受ける可能性がある要因について詳しく解説します。

執筆:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

X(Twitter): https://twitter.com/KandaTakuya

ペソ選好の動き後退 次期政権や米大統領選を巡る不透明感が重し

 前週5日のペソ/円相場は前日比0.4%安い8.880円前後でクローズ。米6月雇用統計の直後には8.929円前後まで上昇する場面もあったが、米雇用市場の減速はメキシコ経済の重しになりかねないとの見方もあって失速した。ペソは、6月雇用統計を受けて弱含んだドルに対してもほぼ横ばいでクローズしており、この日堅調だったブラジルレアルやコロンビアペソなど、他の中南米通貨とは異なる動きとなった。

 足元でペソ選好の動きが後退している背景には、シェインバウム次期メキシコ大統領のエネルギー政策や財政政策に対する不透明感がくすぶっていることや、移民などに絡んでメキシコに対して強硬な姿勢を示すトランプ氏が米大統領に返り咲く可能性が高まったことなどがあると考えられる。

 メキシコでシェインバウム政権が発足するのは10月、米国の大統領選は11月に行われる。両国の政治情勢を睨みつつ、夏から秋にかけてペソは上値の重い展開が続く可能性もありそうだ。

メキシコペソ/円 日足チャート

【キャンペーン】のご紹介

【高金利通貨特集】「メキシコペソ/円」 ページはこちら

【最新チャート】「為替チャート|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

お知らせ:FX初心者向けに12時からライブ解説を配信

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を行っています。前日の振り返り、今日の相場ポイントなどをわかりやすく解説しています。YouTubeの「外為どっとコム公式FX初心者ch」でご覧いただけます。

12時からのFXライブ解説 配信チャンネルはコチラ

 
kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、経済番組専門放送局の日経CNBC「朝エクスプレス」や、ストックボイスTV「東京マーケットワイド」、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。WEB・新聞・雑誌等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル メキシコペソ/円見通し ドル安でも上がらないペソ 米墨の政治に不透明感【知っトク!メキシコペソ】2024/7/8

なぜメキシコペソは強いのでしょうか?

利上げによってメキシコ経済は冷え込んでいるかというと、そうでもありません。メキシコの2023年第1四半期GDP速報値は前期比+1.1%となり、22年第4四半期前期比+0.5%から加速しました。これもメキシコペソ買いの支援材料でしょう。

これは逆に考えると、米国景気が後退すると移民の失業者が増加し、メキシコへの郷里送金額が低下、米ドル売りペソ買いの圧力が低下することでペソの上昇の勢いが削がれる可能性がある、ということでもあります。米国景気後退はメキシコ経済にもダメージとなりますので、メキシコペソへの投資は米国の雇用や賃金の指標をよく見ておく必要がありそうです。

メキシコペソの上昇が止まりません。対円でのペソ高だけではなく、対米ドルでもペソが強くなっています。2022年3月から米国の猛烈な政策金利引き上げで、主要国通貨に対して米ドルが大きく上昇しましたが(米ドル/円相場も115円台~151円台まで急上昇)最強通貨であった米ドルに対してもペソは上昇を続けています。なぜメキシコペソは強いのでしょうか?

注2 4月19日付レポート「「最強通貨」メキシコペソでも「米ドル一強」の流れには勝てないか」

メキシコペソが(対ドルで)堅調に推移しています。年初来の騰落率は主要通貨の中でトップクラスです。ペソが堅調な推移となっている背景と、死角はないのかを述べます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました