FX/為替「先週末の中南米市場、対ドルで振幅も流れは出ず=メキシコペソ」:マイナー通貨 2024年7月8日

FX/為替「先週末の中南米市場、対ドルで振幅も流れは出ず=メキシコペソ」:マイナー通貨 2024年7月8日

f:id:gaitamesk:20220207132446p:plain

先週末の中南米市場、対ドルで振幅も流れは出ず=メキシコペソ 

 先週末の中南米市場は米雇用統計を受けた上下の動きが見られたものの、ドルメキシコペソが発表前水準に戻してもみ合いになるなど、総じて方向性が見られず。週明けも先週末の水準前後での推移が続いている。

USDMXN 18.082

(配信:みんかぶFx 2024/7/8(月) 12:21)

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「先週末の中南米市場、対ドルで振幅も流れは出ず=メキシコペソ」:マイナー通貨 2024年7月8日

FXは 土日や元旦を除いて24時間いつでも取引できるのが魅力です

なお、経済指標が発表されるタイミングは、多くの場合FX会社の公式サイトで確認可能です。GMOクリック証券では「経済カレンダー」から、国名や重要度で絞って経済指標の発表時間を調べられます。

FXは、土日や元旦を除いて24時間いつでも取引できるのが魅力です。ただし、時間帯や市場ごとに値動きには特徴があるため、自分に向いている時間帯を見極めて取引しましょう。初心者の場合は、大きな価格変動が起こりやすく想定外の損失を被る可能性が高いタイミングの取引は避けたほうが無難かもしれません。

FXを始めたばかりの方は、金曜日や月末の取引は避けたほうがよいかもしれません。

みんなのFXの注文受付時間は一部のメンテナンス時間を除いたほぼ24時間となっており、お客様の取引チャンスを逃しません。取引できる時間は米国標準時間の適用期間は月曜日7時00分~土曜日6時50分、米国夏時間の適用期間は月曜日7時00分~土曜日5時50分となります。日次メンテナンス中はレート配信がなく注文が約定せず、週末の週次メンテナンス中は口座にログインができなくなります。みんなのFXの大きな特徴は大きく3つあります。一つ目は高水準のスワップポイントの提供です。みんなのFXはお客様に有利なスワップポイントを提供することをモットーにしています。店頭FX会社では唯一スワップポイントを売り・買い同値で提示しており、売りポジションを持った時のコストを抑えることができます。二つ目は業界最狭水準のスプレッドです。みんなのFXは、お客様が取引コストを抑えて利益の最大化が狙えるように日々カバー先金融機関と交渉しており、業界最狭水準のスプレッドを常に提示できるよう努めています。また社内バックテストで99.9%という約定率を記録しており、約定力を犠牲にしたスプレッド提示をしていないことも魅力です(詳細はこちら)三つ目はコールセンターを完備していることです。もしわからないことがあってもコールセンターのスタッフが丁寧に説明をしてくれるので、初めての方も安心して取引することができます。

外国為替市場は主に銀行などの金融機関が取引を行うインターバンク市場を指します。個人投資家はこのインターバンク市場に直接アクセスすることができないため、みんなのFXが相対する形で注文を受けて注文が約定されます。みんなのFXで受けた注文は適宜インターバンク市場の金融機関にカバーされ、相対した注文がリスクにならないようにしています。

FXでは、平日と祝日のほぼ24時間いつでも取引が可能です。

時間帯や値動きに注意してFX取引をしたい場合は、サクサク快適に取引ができるGMOクリック証券の「FXネオ」の利用をおすすめします。高機能なツールを無料で利用でき、取引コストも低く抑えられるため初心者から上級者まで利用しやすいサービスです。興味を持った方は、GMOクリック証券での口座開設を検討してみてください。

FX取引は為替市場が開いている平日24時間取引が可能となっています。世界の主要都市で為替市場が開いているため取引が可能となっており、例えば日本が祝日でも海外市場が開いている場合は取引することが可能です。サマータイム適用期間によって差はありますが、基本的には日本時間月曜日6:00頃~土曜日6:00頃まで取引が可能です。日本以外の海外の取引時間を合わせているためこのような取引時間となっており、ニュージーランドのウェリントンの早朝取引からシドニー、東京と順に市場がオープンして、欧州、ロンドン、ニューヨークを経て一日の取引がクローズします。外国為替取引は主に銀行などの金融機関がインターバンク市場というネットワークを通じて売買をする当事者同士が相対して行うため、特定の取引所が存在せず取引時間に縛られることがありません。FX会社はこのインターバンク市場(銀行間市場)の価格を元に顧客にプライスを提示しています。そのため、会社によって取引時間が違う場合があります。

FX取引をする上で、取引時間帯による値動きの特性を理解することは重要です。もちろん毎回同じ値動きとなるわけではありませんが、トレードを有利に運ぶには自分が実際にポジションを建てるときにマイナス要素をできるだけ減らしてエントリーすることが必要です。例えば五十日(ゴトウビ)の東京時間に米ドル円を買いで新規建玉しようとした場合は9時55分の仲値に向けて順張りのエントリーを検討するなどといった方法があります。またニューヨークカットのオプションの情報を調べてこれに絡んだフローを予想するのも面白いかもしれません。初心者の方でも自分なりの相場の分析手法やトレードルールをもっていると思いますが、チャートの時間軸にそれぞれの為替市場の流れがあることを忘れないでトレードに臨みたいです。

FXネオであれば、サクサク快適に取引できる高機能なツールを使った取引が可能。1クリックで即時注文が可能な「スピード注文」やアラート機能なども充実しています。専用のスマホアプリからの取引もできるので、チャンスを逃さずにスピーディーな取引ができるでしょう。

本記事では、FXの取引時間と市場ごとの特徴、注意して取引すべきタイミングなどを詳しく解説します。限られた時間で効率良く取引を進めたいと考えている方は、ぜひご参考にしてください。

FX取引ができない時間は主に土日や海外の大きな祝日となります。為替市場は平日24時間以外にも中東の一部の国で土日に取引が行われることがありますが、取引高が非常に少なく流動性が低いことからマーケットの参加者がほとんどいません。このためFX取引は基本的に土日にすることができず、FX会社の価格の配信もありません。他にも国内外の銀行が休業となる元日(1月1日)はFX取引もお休みとなるほか、クリスマス(12月25日)、大晦日(12月31日)は短縮取引となる場合があるので利用しているFX会社の取引ルールを確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました