【見通し】NY株見通し-利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長議会証言に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長議会証言に注目

今晩はパウエルFRB議長議会証言に注目。昨日はダウ平均が31.08ドル安(-0.08%)と小幅に反落した一方、S&P500は0.10%高と小幅に上昇し、ナスダック総合も0.28%高と、ともに5営業日続伸した。S&P500は終値で今年35回目の最高値更新となり、ナスダック総合も25回目の高値更新となった。

 今晩の取引ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言に注目が集まる。今週は利下げ見通しを巡り、木曜日に発表される米6月消費者物価指数(CPI)や金曜日発表の米6月生産者物価指数(PPI)に注目が集まるが、今晩は取引時間午前中に米上院銀行委員会でパウエルFRB議長の半期に一度の証言が予定されている。先週末の6月雇用統計で失業率が予想に反し悪化したことなどで、市場では9月米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ開始、年内2回の利下げ見通しが強まっているが、パウエルFRB議長から市場の利下げ期待をけん制する発言に要警戒となる。

 今晩の米経済指標・イベントはパウエルFRB議長議会証言のほか、6月NFIB中小企業楽観度指数など。このほか、バーFRB副議長の講演も予定されている。今晩は主要な企業の決算発表はないが、木曜日にペプシコ、デルタ航空、金曜日にJPモルガン・チェース、シティグループなどの第2四半期決算発表がスタートする。(執筆:7月9日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長議会証言に注目

見通し NY株見通し利下げ見通しを巡りパウエルFRB議長議会証言に注目

同氏は一方で、ショート筋が市場に戻ってきている初期の兆候が見られるとも言及。「ポジショニングのデータを分析すると、利下げ見通しを受けたロングバイアスが示されているにもかかわらず、市場参加者を完全に納得させることはできていない状況が分かる。ショート筋がゆっくりと市場に戻ってきている」と述べた。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は9、10両日に金融政策に関する半期に一度の議会証言を行う。議長は金融当局の利下げ開始にしびれを切らしている議員や、ウォール街の金融機関に対するFRBなどの資本要件強化案に不満を持つ議員からの圧力に直面する見通しだ。

指標となる10年債利回りは4.269%と、先週末から小幅低下。一方、金利見通しに敏感な2年債利回りは4.618%と、先週末の4.599%から上昇した。

米金融当局者は先月公表の金利予測分布図(ドット・プロット)で年内の利下げ回数見通しを中央値で1回と3月時点の3回から減らし、インフレ率が2%の当局目標に向かっているとのさらなる証拠を待って、金利を据え置く方針を示唆した。

パウエルFRB議長は9、10両日に金融政策に関する半期に一度の議会証言を行う。金融当局の利下げ開始にしびれを切らしている議員や、ウォール街の金融機関に対するFRBなどの資本要件強化案に不満を持つ議員からの圧力に直面する見通しだ。

<為替> ニューヨーク外為市場では、ユーロが下落。ただ、フランスが総選挙の結果、宙づり議会(ハング・パーラメント)となるとの見通しを受け、対ドルでは安値から下げ幅を縮小した。

オッペンハイマー・アセット・マネジメントのジョン・ストルツファス氏は、堅調な企業業績見通しと景気の底堅さを背景に、さらなる米株上昇があり得ると指摘。S&P500種の年末時点の目標を5500から5900に引き上げた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました