ドル・円は伸び悩みか、今週の重要イベント控えドル買いは限定的

FXブログ
ドル・円は伸び悩みか、今週の重要イベント控えドル買いは限定的

f:id:okinawa-support:20190820183959j:plain

欧米市場オープニングコメント

「ドル・円は伸び悩みか、今週の重要イベント控えドル買いは限定的」
 9日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。160円台では割安感から、買戻し継続の見通し。ただ、米インフレ指標の発表など今週予定される重要イベントを見極めようとドルは積極的に買いづらく、上値は重くなりそうだ。
 フランス議会選の通過も政治情勢の先行き不透明感は払しょくされず、ユーロ買いは続かず。前日の取引では材料難のなかユーロ・ドルは1.0840ドルまで上昇後は失速し、ドル・円は160円40銭台まで下落後は160円80銭付近で推移。本日アジア市場は日経平均株価の強含みでリスク選好的な円売りが先行し、161円台前半まで持ち直した。ユーロ・ドルは軟調だが、ユーロ・円はドルに追随し174円台前半に値を上げた。この後の海外市場は手がかりが乏しいなか、米金利が注視される。足元で発表された米経済指標は低調な内容が目立ち、引き締め的な金融政策を弱める手がかりになる可能性から、金利高・ドル高は想定しにくい。一方、今晩から始まるパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言や11日の消費者物価指数(CPI)への警戒感によりドルは買いづらい。また、日本の為替介入への警戒感は根強く上値は抑制されるとみる。

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は伸び悩みか、今週の重要イベント控えドル買いは限定的

午前のドルは109.70─90円台で方向性が出なかった

介入の目的は前述の通り、相場の急激な変動を抑えることであり、ドル安・円高トレンドへの転換ではないため、相場が安定すれば効果ありと解釈できます。したがって、介入実施の判断基準は、為替レートの変動率(ボラティリティ)が重要であり、必ずしも特定の為替レート水準ではないと考えます。ドル高・円安の基調が明確に反転するには、為替介入ではなく、まずは米国のインフレ沈静化と、それに伴う利下げ期待の回復が必要と思われます。

例えば、ドル売り・円買い介入の場合、外為特会の保有するドル資金が、ドル売りの原資となります。具体的には、外為特会の貸借対照表、資産の部にある「外貨預け金」や「有価証券」で(図表1)、これらはいずれも外貨準備として計上される勘定科目です。外貨預け金のドル建て預金はそのままドル売り原資として使えますが、有価証券に多く計上されている米国債を原資とする場合は、いったん市場で売却し、現金化する必要があります。

午前のドルは109.70─90円台で方向性が出なかった。

ドル円は4月29日と5月1日、ドル安・円高方向へ急速に進む場面がみられ、市場ではこの両日に政府・日銀が為替介入を実施し、介入規模は2日間で計8兆円強に達したとの見方が浮上しています。財務省はコメントを控えていますが、介入に対する市場の警戒は続いています。そこで今回のレポートでは、改めて為替介入の仕組みを解説し、その効果について考えてみます。

*18:21JST 欧州為替:ドル・円は上値が重い、米金利は伸び悩み 欧州市場でドル・円は161円台に再浮上したが、上値は重い。 米10年債利回りの伸び悩みでドル買いは入りづらく、...

財務省の指示を受け、日銀が国内銀行と、国内銀行が外国銀行と、それぞれドル売り・円買いの為替取引を行った場合、資金決済の流れは図表2の通りです。ドル資金は、外為特会から国内銀行のドル建て口座を経て、外国銀行のドル建て口座へ振替が行われます。円資金は、外国銀行の円建て口座から国内銀行の円建て口座を経て、外為特会へ振替が行われます。一連の取引がまとまった金額で実施されれば、為替はドル安・円高に振れやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました