「飲むフリスク」賛否 開発の経緯

FXブログ
「飲むフリスク」賛否 開発の経緯
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「飲むフリスク」賛否 開発の経緯

飲むフリスク 賛否 開発の経緯

ダイドードリンコによれば、2023年の炭酸飲料市場は人流の回復と環境変化による需要増で好調に推移した。また、健康意識が定着し、「ストレス・疲労ケア」への消費者ニーズが上昇。こうした理由が、今回の商品の開発経緯にあると説明している。

仕事や勉強の合間など、さまざまなシーンで、“飲む「FRISK」で、瞬間リフレッシュ”の新感覚体験をぜひお楽しみください。

炭酸飲料は、かんきつ系のジュースと同様に、喉への刺激が強い飲み物です。「炭酸がないと物足りない」という方には、ちょっと炭酸を抜いて刺激を減らしてから飲むことをおすすめします。

マスキング力の検証では、ほとんど擬似口臭を隠すことができなかったため、まずまずの評価に。1時間後に少しマスキング力が上がったものの、十分にニオイを抑えることはできなかったので、マスキング力重視の人には不向きです。また、爽快感の検証でも、ほのかにミントの爽快感を得られた一方で、山椒のように舌がピリピリする刺激に対して賛否が分かれたため、まずまずの結果となりました。爽快感の持続力はあったので、長く爽快感を味わいたい人は選択肢のひとつに入れてもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました