【見通し】NY為替見通し=ドル円、明日発表される米6月CPI控えて動きづらい展開か

FXブログ
【見通し】NY為替見通し=ドル円、明日発表される米6月CPI控えて動きづらい展開か

本日のNY為替市場のドル円は、明日発表される米6月消費者物価指数(CPI)を控えて動きづらい展開が予想される。

 パウエルFRB議長は、昨日の米上院銀行委員会での議会証言に続き、本日は米下院金融サービス委員会で金融政策や経済情勢に関する半期に一度の証言を行う。

 証言内容は、昨日とほぼ変わらないことで、質疑応答の内容を見極めつつ、明日発表される米6月CPI待ちで動きづらい展開が予想される。

 パウエルFRB議長は先日のシントラ会合で、政策金利の引き下げについては「もっとデータを見たい。具体的な日程は決めていない」と述べ、経済指標を見極めた上で慎重に利下げの時期を判断する従来の見解を繰り返した。

 そして昨日の議会証言では「インフレが持続的に2%に向かうという確信をさらに高めるまでは利下げは適切ではない」と述べており、米6月CPIへの注目度合いが高まっている。

 シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」での9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ開始確率は70%付近、12月のFOMCでの利下げ確率は48%前後となっている。

 また本日は、トランプトレードを背景に上昇基調にある米10年債の入札、グールズビー米シカゴ連銀総裁やボウマンFRB理事の発言にも警戒しておきたい。

・想定レンジ上限

 ドル円の上値目処(めど)は、161.95円(7/3高値)

・想定レンジ下限

 ドル円の下値目処(めど)は、160.26円(7/8安値)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY為替見通し=ドル円、明日発表される米6月CPI控えて動きづらい展開か

テクニカル面も踏まえた金・銀価格の今後の見通しとは

NY金は0.3%上昇。FOMCの結果以上に米国CPIの結果が、ゴールドをサポート。重要イベントを通過した金価格の今後の見通しとは。

NY金・銀価格はそろって下落。米国金利上昇が重荷。金銀比価からは、銀のパフォーマンスが金に劣後する可能性。テクニカル面も踏まえた金・銀価格の今後の見通しとは。

NY金・銀スポット価格はそろって上昇、2週ぶり高値。銀は心理的節目である30ドルをブレイク。テクニカル面で注目すべき動きが見られる中、金・銀価格の今後の見通しとは。ゴールド・シルバーの上昇は続くのか?

週明け13日の東京株式市場は軟調な動きで、日経平均株価は一時400円超の下落をみせるなど波乱含みの展開となった。ここまで米国株市場を横目に順調に上値を指向してきたが、目先は利益確定を急ぐ動きが表面化している。上場企業の決算発表も今週前半で大方終了するが、果たして2月後半以降の相場展望にこれまでと変化はみられるのか。第一線で活躍する市場関係者2人に今後の東京市場の見通しと物色の方向性について聞いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました