アイマスク 意匠の類似どう判断?

FXブログ
アイマスク 意匠の類似どう判断?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 アイマスク 意匠の類似どう判断?

アイマスク 意匠の類似どう判断

花王は「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」の意匠権をアイリスオーヤマに侵害されたとして、販売差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てました。 花王が2日付で販売差し止めの仮処分を申し立てたのは、アイリスオーヤマが販売する「モイスクルじんわりホットアイマスク」の4製品です。 これらの商品の形態が「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」の形やデザインなどに関する意匠権を侵害していると判断したということです。 花王は2007年からホットアイマスク商品の販売を開始していて、「長い時間をかけて認知されてきたホットアイマスク市場が類似品によって信頼を損なわれることを強く懸念している」としています。 アイリスオーヤマはANNの取材に対して「訴状が届き次第、内容を確認して対応を検討する」とコメントしています。

花王側は今回のリリースのなかで「長い時間をかけて広く認知され、信頼を築いてきたホットアイマスク市場が、類似品によってその信頼を損なわれることを強く懸念しています」「自社の知的財産権が侵害されたと判断した場合は、毅然とした態度で臨んでいます」とコメントしているように、かなり怒り心頭といった様子。

「『めぐりズム』と“類似” 花王がアイリスオーヤマのアイマスク販売差し止め求める仮処分申し立て」というニュースがありました。「花王は9日、アイリスオーヤマが販売しているアイマスクの形状が、花王が販売する”めぐりズム 蒸気でホットアイマスク”と類似しているなどとして、販売差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てた」ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました