佐川 宅配便の「置き配」9月開始

FXブログ
佐川 宅配便の「置き配」9月開始
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 佐川 宅配便の「置き配」9月開始

佐川 宅配便の 置き配

まずコンビニで受け取る方法が挙げられます。出荷元(販売先)が佐川急便の「コンビニ受け取りサービス」に申し込んでいる場合は、ローソンもしくはミニストップで荷物を受け取ることが可能です。

佐川急便で置き配を利用できない場合、「PUDOステーション」を利用する方法もあります。「PUDOステーション」とは、スーパーや駅など街のさまざまな場所に置かれた宅配便専用ロッカー。宅配業者に関わらず、日時を気にせず自分の好きなときに、自由に荷物を受け取ることができます。

佐川が置き配してくれない時に不在でも困らない方法の工事事例を紹介してきました。

佐川急便では、「指定場所配送サービス」で置き配を利用することができると解説してきました。ただし、発送元が佐川急便と契約していること、「指定場所配送サービス」の対象荷物であることが条件です。

佐川急便は10日、不在時に玄関前などに荷物を置く「置き配」を9月2日から本格的に始めると発表した。6月にはヤマト運輸も本格解禁した。ドライバー不足が深刻化する「2024年問題」を受け、再配達の削減に向けて宅配大手が足並みをそろえた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました