【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=上方向へかい離し調整警戒も底堅さ維持へ

【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=上方向へかい離し調整警戒も底堅さ維持へ

大陽線引け。2008年以来の高値を207.82円まで更新する堅調な推移が続いた。206.75円前後で上昇中の5日移動平均線からかい離した感もあり、高値圏の調整相場も想定しておきたい。だが、下押しが5日線前後にとどまれば堅調維持、押し目が深くなっても一目均衡表・転換線205.54円が支えになるとみる。

レジスタンス1  208.33(ピボット・レジスタンス1)

前日終値     207.75

サポート1    206.75(5日移動平均線)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=上方向へかい離し調整警戒も底堅さ維持へ

テクニカル 日足テクニカル ポンド円上方向へかい離し調整警戒も底堅さ維持へ

ゴールデンクロスは主に移動平均線で用いられるテクニカル指標で、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜ける現象を指します。

これを瞬時に見つけてトレンド継続に乗るのも可能で、ゴールデンクロスは上昇トレンドをいち早く見つけ大きな利益を得やすいテクニカル指標です。

FXで使われるインジケーターやテクニカル指標は非常に多く、相場の方向性を示すものからエントリータイミングを示すものまで様々です。

移動平均線はFX通貨ペアだけでなく株やエネルギー商品などでも活用されているため、ゴールデンクロスも投資全般で使われる機会の多いテクニカル指標として知られています。

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。 そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。 だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました