【見通し】今日の株式見通し-堅調か ダウ平均が400ドルを超える大幅上昇

FXブログ
【見通し】今日の株式見通し-堅調か ダウ平均が400ドルを超える大幅上昇

東京市場は堅調か。米国株は上昇。ダウ平均は429ドル高の39721ドルで取引を終えた。パウエルFRB議長の下院議会証言を受けて利下げ期待が一段と高まる中、半導体株がけん引役となって広範囲に買いが入った。ドル円は足元161円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて530円高の42470円、ドル建てが570円安の42510円で取引を終えた。

 米3指数がそろって上昇し、いずれも高値圏で終了している。ダウ平均が値幅を伴った上昇となっており、日本株にも強い買いが入ると予想する。CME225先物は節目の42000円を大きく上回るスタートを示唆している。売りから入った投資家は撤退を余儀なくされる中、踏み上げ的な上昇となるだろう。半導体株を中心にハイテク株が先導役となり、場中も上を試す流れが続くと予想する。日経平均の予想レンジは42200円-42800円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】今日の株式見通し-堅調か ダウ平均が400ドルを超える大幅上昇

見通し 今日の株式見通し堅調か ダウ平均が400ドルを超える大幅上昇

InvestingProのTipsによると、同社の収益成長は最近マイナスだが、大幅な配当利回りは、成長に加えて収入を求める投資家にとって明るい兆しとなり得る。より深い分析にご興味のある方には、InvestingProがTempus AIに関する10の追加ヒントを提供し、同社の財務の健全性と将来の見通しに関する包括的な見解を提供しています。これらの洞察にアクセスし、投資戦略を強化するには、クーポンコード「PRONEWS24」の使用をご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました