ドル・円は主に161円台で推移か、日米欧の株高を意識して円売り継続の可能性

FXブログ
ドル・円は主に161円台で推移か、日米欧の株高を意識して円売り継続の可能性

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に161円台で推移か、日米欧の株高を意識して円売り継続の可能性」
 10日のドル・円は、東京市場では161円26銭から161円59銭まで反発。欧米市場では161円43銭まで下げた後、161円81銭まで上昇し、161円71銭で取引終了。本日11日のドル・円は主に161円台で推移か。日米欧の株高を意識したリスク選好的な円売りが続く可能性がある。
 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は7月10日に開かれた下院金融サービス委員会の公聴会に出席し、「インフレが克服されたと宣言する準備はまだできていないが、引き続き物価安定と低失業率の継続への道のりを歩んでいる」と証言した。この発言を受けて米長期金利は弱含みとなった。また、質疑応答では「利下げを妨げるものが除去されていることについてある程度の自信がある」と述べたが、「まだそう言える準備はできていない」とも伝えた。パウエル議長は米国経済の軟着陸を期待しており、株高の一因となった。為替については日米欧の株高を意識したリスク選好的な円売りが観測された。年内における米利下げの可能性は高いものの、短期的には米国経済の軟着陸を期待して主要通貨に対する円売りが続く可能性がありそうだ。

《午前8時現在》 ドル・円: 160.80円-162.20円 160円台後半でドル買い興味
         ユーロ・円: 174.70円-175.70円 174円台後半でユーロ買い興味
         豪ドル・円:108.60円-109.60円 108円台半ば近辺で豪ドル買い興味

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所大阪取引所日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に161円台で推移か、日米欧の株高を意識して円売り継続の可能性

円買い・ドル売りの圧力にはならない

日本の通貨当局は、為替介入をいつ実施してもおかしくはない構えにある。おそらく、再び10兆円近くの介入規模になれば、一時的にドル円レートは▲5円前後の円高を引き起こすだろう。その場合、1・2回の為替介入が実施されて、約1週間くらいかけて半値戻し(円安方向に+2~3円)で推移するとみられる。

6月末・7月初のタイミングは、経済指標が発表されて、それらを材料に為替相場は動きやすいと感じられる。そこで、為替が1ドル161円台に移行すると、日本の通貨当局は「危険エリアに入った」と判断して、トリガーを引く可能性が十分にある。米国からは、為替操作の監視リストに日本を復活させるという牽制球が投げ込まれた。イエレン財務長官も、あまり歓迎していない様子だ。しかし、日本の通貨当局は、それらを理由に動けないとは思われたくはないだろう。これまでも鈴木財務大臣は、介入の可能性を何度も示唆している。

為替介入が実施されたと仮定して、その効果について考えてみましょう。2022年9月、10月の為替介入は、1ドル=151円後半から翌年1月にかけて130円台割れへドル安・円高が進んでおり、これだけを見れば高い介入効果があったと見えます。

3月下旬以降、概ね1ドル151円台で膠着状態にあった円相場は、4/10発表の米3月消費者物価が上振れし、インフレリスクが意識されたことを受けて、遂に防衛ラインと見られていた152円台を突破してドル高・円安が進みました。更に、週明け15日(月)は、米3月小売売上高が市場予想を上回ったことで、円相場は一段と円安に拍車がかかり、一時154円台半ばと34年ぶりのドル高・円安水準へ到達しました。こうした急ピッチな円安に歯止めをかけるべく、政府、日銀による円買い介入(為替介入)がいつ実施されてもおかしくない状況と言えるでしょう。

日経平均株価採用銘柄の騰落率上位(4/8~12・図表7)の首位は、フジクラ(5803)です。米アルファベット傘下のグーグルが、日米間を結ぶ海底ケーブルの敷設に10億ドル(約1500億円)を投資すると発表。電線メーカーである同社や湖北工業(6524)などに思惑買いが入りました。また、原発再稼働による期待感で、東京電力ホールディングス(9501)が5位にランクイン。同業他社にも買いが波及した形です。

この外貨資産からの利子・配当は必ずしも、円に戻ってこない。外貨の運用利回りが高いので、外貨建ての利子・配当は外貨のまま保有され続ける。円買い・ドル売りの圧力にはならない。これも、日本円と外貨の運用利益の格差だと言える。

米国のインフレ圧力は根強い。半導体サイクルは、いずれ上向く兆しをみせている。雇用統計の非農業部門の雇用者数は、移動平均でみれば、ボトムアウトして上向きに変わりつつある。これで、FRBがFFレートの5.25~5.50%のレンジを12月まで据え置けば、潜在的ドル高圧力が強く働き、日銀の要因で円高に振れる可能性は吸収されてしまう。

現状のユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.06ドル台でユーロ安・ドル高が進行しています。ただ、現状のユーロ安はインフレが落ち着いてきたことで利下げが視野に入ってきたことが要因です。先週のECB理事会では、6月の会合で利下げが開始される可能性が改めて示されました。ユーロ圏では金利低下が見込まれる中で、少なくともユーロ相場が対ドルで大きく上昇するタイミングではなく、2022年に見られたようなドル安・円高効果は期待し難いと考えられます。

財務省が公表している『外国為替平衡操作の実施状況』によると、2022年に為替介入は計3回行われました。1回目は22/9/22(木)に約2.8兆円の円買い介入。2回目は10/21(金)で約5.6兆円。3回目は10/24(月)で0.7兆円でした(図表10参照)。円相場は10/21に1ドル=151円95銭へ円安が進んでいましたが、その後は反転して翌23年1月には1ドル=130円割れへドル安・円高が進みました。

ドル円レートが一時1ドル161円を突破した(図表1)。米国では、大統領選挙候補者のテレビ討論が行われている最中であった。トランプ候補とバイデン大統領は、どちらが優勢かは見極めづらい印象であったが、思惑によって為替が動いたかたちである。

ただし、この当時は円相場(ドル円相場)でドル高・円安が進行する裏側で、ユーロの対ドル相場(ユーロ・ドル相場)が1ユーロ=1ドルの等価(パリティ価格)を割り込んでユーロ安・ドル高が進んでいました。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で欧州経済は高インフレと景気減速が鮮明となるなかで“ユーロ離れ”ともいえる動きとなり、これがドルを押し上げたことで、ドル円相場でもドル高・円安に寄与したと考えられます。しかし、その後、ユーロ圏におけるインフレリスクが後退したことでユーロは対ドルで買い戻されることとなり、ユーロ高・ドル安が進みました。この動きが、為替介入実施後の円相場においてもドル安・円高へ寄与したものと考えられます。

すでにドル円は38年ぶりの円安水準に移行し、ユーロ円でも1ユーロ172円という未踏の水準まで円安が進んでいる。この間、米長期金利は、少し低下しているから、円独歩安という展開なのだ。

日本は、2023年度にかけて過去最大の経常収支の黒字になっている(図表2、3)。本来、経常黒字であれば、円高になるというのが教科書的な理解になる。しかし、経常黒字を形成しているのは、海外資産から得られる所得収支の黒字である。ドルなど外貨資産からの利子・配当が巨大化しているので、黒字化するのである。

ドル円は、一時、1ドル161円という歴史的な大台をつけた。すぐに、日本の通貨当局による為替介入があっても何の不思議もない。仮に、為替介入があれば、▲5円前後の円高になるだろう。とはいえ、潜在的な内外金利差は大きく円安基調は年末にかけて進むとみられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました