万博 経団連が更に募金呼びかけへ

FXブログ
万博 経団連が更に募金呼びかけへ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 万博 経団連が更に募金呼びかけへ

万博まで残り1年を切りました

大阪・関西万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。いのち輝く未来社会のために、Z世代を中心とした若い世代はどのような取り組みを行っているのか?大阪・関西万博や社会課題の解決に向けて活動するZ世代に話を聞いた。

「世界に通用する人材を育てる」というミッションの元、高校生の探究活動の質を高めることを目的とした2つのイベントを運営しています。1つ目は探究活動の発表の場としての待兼山会議で、2つ目は探究活動のトレーニングの場としてのFuture Global Leaders Campです。どちらも高校生を対象に全国から参加者を募っています。普段はこれら2つのイベント開催へ向けた準備を行っており、週に一度、全員で会議を行っています。イベント当日には、運営のほか探究活動について高校生へファシリテーションを行ったり、研究の審査に加わったりしています。今後、全国の高校生に取り組みを届けることを目標に掲げ、2025年大阪関西万博では大阪大学が提供する「いのち会議」での高校生との架け橋になりたい。

経団連は12月12日、東京・大手町の経団連会館で2025年大阪・関西万博特別委員会(十倉雅和委員長)を開催した。2025年日本国際博覧会協会の石毛博行事務総長から、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕に向けた準備状況や課題等について説明を聴くとともに懇談した。概要は次のとおり。

共創リーダー育成プロジェクト(通称Co-Lab-Gears)の中で生まれたグループで、大阪・関西万博2025の共創チャレンジに登録しています。関西と関東の大学生が集まり、オンラインミーティングを中心に活動を行っています。「学生団体の価値を世に広める」ことを目的に、学生団体の広報活動を行っています。具体的には、実際に学生団体の活動を外部に向けて話すことができる対面のイベントを企画したり、企業と学生が繋がることができるHPの作成に取り組んだりしています。

共創リーダー育成プロジェクト(通称Co-Lab-Gears)の中で生まれたグループで、大阪・関西万博2025の共創チャレンジに登録しています。京都大学、大阪大学、神戸大学など関西の大学生が集まり、週1回のオンラインミーティングを軸に活動を行っています。メンバーの挑戦したいこと、得意なことを活かすために、全体運営、広報、営業、新歓などの部署に分かれて活動しています。 高校生が納得して進路選択できる状態を目標にして、SNSでの情報発信や実際に高校生の進路選択のお手伝いをするイベントなどを行っています。

このようにわが国が持てる力を発揮し、万博を成功に導くため、各パビリオンをはじめとするコンテンツの磨き込みや、企業、若者の参加等に引き続き精力的に取り組んでいく。経団連会員企業においても、万博への参加や広報への協力をぜひお願いしたい。

大阪・関西万博や社会課題解決に向けて活動する団体/個人に対し、学び・つながり・深めるためのゼミナールを開講します。

大阪・関西万博、行きたいですか?

続く懇談では、永井浩二副会長が、「万博の経済効果は推定2兆円ともいわれている。コロナ禍からの、国際的な人の移動の回復という観点からも、非常に意義深い。万博の開催が、日本人の知らない日本の魅力を見いだすきっかけとなるよう、企業としても協力していきたい」と述べ、万博の成功に向けて大きなエールを送った。

47都道府県で、大阪・関西万博のテーマセッションのひとつである「学びと遊びセッション」を学生主体のイベントとして開催。 共創チャレンジに登録している学生の活動を「知る・学ぶ」場、さらに大阪・関西万博に意欲的な全世代の仲間を集め交流の場を「遊び」を交えて作り、2025年の大阪・関西万博に向けて世代を超えたコミュニティを形成していくことを目的とする。

2025年、日本国際博覧会(大阪・関西万博)が開幕します。日本経済新聞社は「テーマウィーク」に全体協賛し、万博会期中に設定される8つのテーマに合わせてシンポジウムなどを開催します。これに関連し、本サイトでは、Z世代を中心とした学生と企業・ビジネスパーソンが万博を通じて将来を議論・意見交換し、新たな提言をレガシーとして生み出すことを目指し、様々な情報を発信して参ります。日本経済新聞社が主催する関連イベントや学生記者による取材記事などのコンテンツを発信し、大阪・関西万博への関心を高め、若い世代と企業・ビジネスパーソンが対話・交流するきっかけとなるよう取り組みます。

万博まで残り1年を切りました。a-tuneも多くの演奏会を実施し万博に向けて加速していきます!2025年で達成したい6拠点同時合奏を2024年12月のイベントで実現するべく今年も他拠点との連携を強めていきます。さらに今年は万博でも実施予定のステージ+オンライン接続先+動画+観客の皆様で行う合唱にも挑戦予定です。お楽しみに!

万博は当初、産業見本市としての機能を有しており、1851年の第1回ロンドン万博から約100年にわたってその役割を果たしてきた。20世紀後半になると、産業振興を目的としたものから、人間性の探求へと性質を変えていき、1970年の大阪万博は、人類の進歩と調和をテーマとしていた。その後、費用対効果への疑問等から、万博の見直しが活発に議論されるようになり、21世紀が近づくにつれて、万博のテーマが人類共通の課題へとシフトしていった。2005年の愛・地球博は、21世紀最初の万博として、自然の叡智をテーマに循環型社会等を取り上げている。直近のドバイ万博(21年)は、21世紀型の万博にビジネスの視点を追加し、かつて密接だった「産業や技術」と「万博」の関係性にあらためて焦点を当てたかたちである。

「エッジソン・マネジメント」というコンセプトのもと、「日本を、世界で最も若者が育つ社会へ」を実現すべく、一般社団法人エッジソン・マネジメント協会を設立し、産官学連携で、目的・志に尖った若者の育成を、2010年から続けています。近年の最大の取り組みが、Co-Lab Gears(通称コラギア)の活動であり、大阪・関西万博 TEAM EXPO 2025の産官学連携の「次世代共創リーダー育成プロジェクト」です。具体的には、社会課題を解決し、SDGs達成に導けるような「次世代共創リーダー」を、当面は2025年までに、学生たちの中から「1000名」輩出することをめざしています。 この活動を通して培った産官学の各界のメンバーとのネットワークが「エッジソン・マネジメント協会」の母体となっています。「コラギア」では、8か月間の「共創チャレンジ」の創出支援だけでなく、その後の「自走支援」や「共創支援」を継続して行っていきます。その理由は、「始める」リーダーシップも大切ですが、SDGs達成には長期での挑戦が必要である以上、「続けるリーダーシップ」を育むことが重要だと考えているためです。同時に、若者の「共創チャレンジ」を社会に広く開き、若者の挑戦に関心のある方、若者と一緒に挑戦したい方と組み、新たな共創をどんどん創出していきたい。そして、この「次世代共創リーダー育成プロジェクト」を、地域・世代を越えた共創の「オープンプラットフォーム」にしていくべく邁進してまいります。

関西の経済3団体のトップが28日、そろって大阪市内で記者会見を開き、2025年国際博覧会(万博)の会場建設費約1250億円のうち経済界が負担する約400億円について、企業ごとに寄付を割り当てる「奉加帳方式」を軸に、資金を集める考えを示した。すでに3団体のトップ間では協議を始めており、今後は具体的な割当額などについて調整を急ぐ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました