日経平均 プロの予想「強気。上値トライの動きが継続。」チャート分析 2024/7/11

日経平均 プロの予想「強気。上値トライの動きが継続。」チャート分析 2024/7/11

日経平均CFDタイトル画像

【日経平均】上値余地を探る動き。

直近の日足は前日足から下寄りのスタートとなりましたが、寄付きを安値とする陽線引けとなり、上値トライの動きが継続中です。本日も海外市場での流れを受けて上値トライのスタートが予想されます。上昇が急となっていますが、トレンドが強い状態を保っているので急反落にも繋がり難い状態です。引き続き押し目買い方針が有効です。可能性が低いと見ますが40,700円以下で終えた場合は下値リスクが点灯します。この場合での短期トレンドは39,500円を割り込んで終えない限り変化しません。上値抵抗は42,400~42,500円、42,800~42,900円に、下値抵抗は41,950~42,050円、41,850~41,900円、41,700~41,800円、41,400~41,500円にあります。

© 2024 オフィスフレア/川合美智子
無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

川合美智子氏コンテンツ一覧

川合美智子レポート・動画の一覧はこちら

最新の日経平均CFDチャート

日本N225 株価指数・商品CFDチャート│はじめてのFXなら外為どっとコム

世界のマーケットへ手軽に投資のチャンス!「CFDネクスト」で投資家デビュー

外為どっとコム「CFDネクスト」の魅力

外為どっとコムのCFDサービス「CFDネクスト」は、ひとつの口座で世界の株価指数や金・原油、米国株などのさまざまな商品に投資ができます。

取引手数料が無料

取引手数料が無料なので少ない保証金で取引を開始できます。
さらに銘柄によっては最大20倍のレバレッジがかけられるため、少ない保証金で効率よくお取引ができます。

ロスカット手数料は別途発生します。詳しくはこちら

「売り」から入ることもできる

「買い」だけでなく「売り」から入ることも出来るため、相場が下落して価格が下がった際にも利益を出すことができます。

「日本円」で取引できる

世界の様々な商品も、FXと同様に「日本円」のまま取引することができます。

CFD(CFDネクスト)について|はじめてのCFDなら外為どっとコム

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 日経平均 プロの予想「強気。上値トライの動きが継続。」チャート分析 2024/7/11

日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します

日経平均は過去3週間、売りを封じ込めたが、終値が前回の高値40,574を下回ると、調整局面に入る可能性がある。

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、ジャパンネクスト証券、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

新NISAが始まった今年1月、大発会(年始最初の取引日)の4日の日経平均は3万3288円。その後、6月末には3万9583円と年初来20%弱の上昇。新NISAで購入した投資商品に利益が出ている人もいるのではないでしょうか。

9日の日経平均株価は上昇を加速させ、史上最高値を更新、初めて41,000を突破した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました