<07月11日>、ユーロドルのショートを仕込みたい~

FXブログ
<07月11日>、ユーロドルのショートを仕込みたい~
<07月11日>

P&Fでは~
ユーロ円が上に1枠。
豪ドル円が上に1枠。
ポンド円が上に1枠。

日足P&Fの状況:(07月08日)~(07月12日)>に追記しました。

ドル円は動いてないけど、その他クロス円が動いてる感じですね。
NZは下がり、豪ドルが上がり・・・ということでP&F的にはバラバラなのか通貨ごとなのか
というところです。

~昨日の感想は
NZ中銀は据え置きもタカ派姿勢が後退したということでNZドルが下げました。
タカ派姿勢維持という見方があったのでしょうね。
ポンドもピンさんマンさんのMPC委員のインフレ懸念示唆で上昇。
日本からは何もない感じですが株が凄いですね。
少し、怖いくらい上昇してます。
日銀金融政策は今月の終わりなのですが何も出てこないのでどうなるのか・・・

~指標的には
本日は米国CPIです。
英国GDPもあります。

~チャート的には
0711ユロドル日

三角持ち合いな感じです。
フランス政局は、まだまだ揉めているという話なので仕込んでおきたい感じもします。

~試したいのは
本日の米国CPIがどうなるかですが、ドル円のポジションが大きければ半分くらいという感じも。
でも金利差は利下げしたところでまだまだですね。
ユーロドルは小さいポジでショート仕込みたい感じもします。
ちゃんとトレンド線に到達してからか、申し込んでしまうか・・・
今日のCPIが低いとユーロドル上昇するかも…とか考えたりもしてます。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <07月11日>、ユーロドルのショートを仕込みたい~

07月11日 ユーロドルのショートを仕込みたい

2010年FXでの抱負 昨年は裁量トレードで結局プラマイゼロ。くたびれ儲けな感じがした半年でした。 今年はMACDでのサインのみ(日足)で勝負してみたいと思います。 さっそくサインが出ました。ポンド・ドルです。ユーロ・ドルも買いのサインが出ていましたが、途中で消えました。ポンド・ドルを1万通貨買いました。(12/31)先日のユーロ・ドルは建値決済で終了。ではまた、サインが出た日に更新します。

1999年に誕生した欧州の統一通貨。EU加盟全28か国中19か国で採用されている。統一通貨により域内の貿易障壁をなくし、単一市場を形成することで、域内の経済成長に寄与する。一方で、統一通貨の性格上、各国は経済状況に合わせた柔軟な金融政策の実施が難しい。また、単一市場を維持するために、財政赤字が単年度でGDPの3%を超えないこと、累積の国債残高がGDPの60%を下回ることという制限がかかっている。こうした状況から加盟国の一部でユーロに対して批判的な姿勢が見られ、ユーロ懐疑派が選挙で躍進する場面がみられる。 世界の外国為替市場ではドルに次いで取引量第2位。第3位の日本円とかなりの差があることもあり、ドルの代替通貨として、基軸通貨の役割を果たしている。 ユーロ圏全体の経済指標に加え、域内最大の経済大国であるドイツの経済指標でも相場が変動する。その他の加盟国の経済指標に対する注目度は低い。

ユーロドルは小高い。10時時点では1.0835ドルとニューヨーク市場の終値(1.0830ドル)と比べて0.0005ドル程度のユーロ高水準だった。ドル円の上値が重い中、ユーロ円の買いが入っていることでユーロドルは1.0837ドルまで僅かに昨日高値を上抜けた。

日本銀行では、2007年1月4日以降、外国為替市況を毎営業日の営業時間終了後にホームページ上で公表しております。本統計は、外国為替市場参加者からの情報を基に作成しており、訂正が入る可能性がある旨ご留意ください。

ドルの代替通貨としての役割や、実際に世界の為替取引の約四分の一がユーロドルということもあり、ドルが上がるとユーロが下がり、ユーロが上がるとドルが下がる傾向にある。 中東・東欧・ロシア・アフリカとの関係が、他の先進国よりもつよく、これらの国で有事が起こった際には売りが出る傾向がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました