2024年7月11日のFX日足チャート分析【ブログ版】

2024年7月11日のFX日足チャート分析【ブログ版】

お疲れ様です。
2024年7月11日のFX日足チャート分析です。

 
■今日の基本戦略

買い目線は【 ユーロ ポンド 豪ドル スイス カナダ 】
売り目線は【 ドル 円 】
 
まずは上記の通貨強弱を強く意識しましょう。
 
木曜日は仕込んでおいたポジションを収穫するタイミングです。
明日まで引っ張ってもOKですが、手仕舞いを意識しましょう。
 

 
■目標ラインと想定レンジ
 
12ペアでトレンド発生中!
 
①可能な限り目標ラインに引きつけてからエントリー。
②利確と損切は想定レンジの範囲内で。
③チャートアプリを開いて目標ラインを引く習慣をつけましょう。

※通貨強弱と矛盾するペアも条件を満たす場合は記載しています。優先度は低いので避けるか、ロットを減らす形で対応下さい。

 
【ドルスト】
 
◎ドル/円
161.3 以下で買い、想定レンジは 158.4 - 163.6
2連続陽線につきトレンド強め
 
◎ユーロ/ドル
1.076 以下で買い、想定レンジは 1.069 - 1.095
前日陽線につきトレンド継続
 
◎ポンド/ドル
1.277 以下で買い、想定レンジは 1.261 - 1.294
前日陽線につきトレンド継続
 
◎豪ドル/ドル
0.672 以下で買い、想定レンジは 0.661 - 0.681
2連続陽線につきトレンド強め
 
◎ドル/スイス
0.902 以上で売り、想定レンジは 0.884 - 0.906
2連続陽線につきトレンド転換を警戒
 
◎ドル/カナダ
1.365 以上で売り、想定レンジは 1.355 - 1.374
前日陰線につきトレンド継続
 

【クロスペア】
 
◎ユーロ/円
174.2 以下で買い、想定レンジは 170.4 - 176.9
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎ポンド/円
206.1 以下で買い、想定レンジは 200.7 - 209.9
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎ユーロ/ポンド
0.845 以上で売り、想定レンジは 0.839 - 0.851
前日陰線につきトレンド継続
 
◎豪ドル/円
108.4 以下で買い、想定レンジは 105.2 - 110.8
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎カナダ/円
118.2 以下で買い、想定レンジは 115.6 - 120.2
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎スイス/円
179.4 以下で買い、想定レンジは 176.2 - 182.5
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 

 
■最新情報はTwitterをチェック

最新の目標ラインはTwitter(https://twitter.com/Hazu26048962)で確認できます。

 

■免責事項

本ブログで扱う情報は全て無料です。個人に対する投資助言行為は行っておりません。
チャート分析はVPS(お名前.com デスクトップクラウド for MT4)を利用しています。
メンテナンスなどで配信が遅れたり、投稿できないことがあります。
投資を行う際は余力にご注意の上、自己責任でお願いします。

[紹介元] KAZUのFX自動化ラボ 2024年7月11日のFX日足チャート分析【ブログ版】

2024年7月11日のFX日足チャート分析 ブログ版

ポンドドルは、7/2の1.2616ドルを安値に7/4の総選挙に向けた野党・労働党圧勝による安定的な政権運営への期待に加え、7/3発表の米労働市場関連指標や非製造業景気指数の下振れに続き、7/5の米6月雇用統計を受けたFRBの9月利下げ開始観測とともに7/5には1.2817ドルへ上昇し1.2815ドルで取引を終える堅調な値動きに終始しました。また、ポンド円も7/1のオセアニア市場での202円94銭を安値に対ドルでの上昇にサポートされ、ドル円が7/3の161円95銭を高値に、調整売りを受けた反落も限られ7/5には206円44銭まで上昇し206円07銭で取引を終えました。先の総選挙を受けてスターマー党首率いる労働党の次期政権では、住宅や医療といった基本的な問題に焦点を当てるとみられる中、財政状況は厳しいとされるだけに財政政策の余地は現在の計画以上に狭まる可能性のほか、英中銀の利下げ開始観測の高まりにつながるか注目。そのため、総選挙に向けて上昇した流れが一服し、ポンドドルは6/12の1.2860ドルを前に日足・転換線(1.2736ドル)までの調整売りに押され反落するかあるいは、スターマー政権の安定的政権運営への期待のほか、米6月消費者物価指数を受けてFRBの9月利下げ開始観測の高まりとともに、1.2860ドルを上抜け、3/8の1.2894ドルを目指して一段高となるか注目されます。また、ポンド円は対ドルでの動向はもちろん、ドル円の上昇に一服感が見られる中、日銀の国債買入れの減額を巡る観測とともにドル円が160円割れへの下落基調に転じることになれば、日足・転換線(204円20銭)に向けた調整売りに押される可能性もある中、ポンドドルの堅調地合いとともに2008年8月以来の210円台を目指すことになるか注目されます。

2024年度版IPOスケジュール一覧表!ほぼリアルタイムで更新中!

アーク・インベストメント・マネジメントの最高経営責任者(CEO)であるキャシー・ウッド氏は、最近の運用成績が低迷しているにもかかわらず、同社の主力ファンドの戦略に自信を持っていることを投資家に伝えた。ウッドCEOは投資家への書簡の中で、金利の低下によりファンドの運命は好転するとの考えを示した。アーク・イノベーションETFはボラティリティが大きく、2023年には67.6%の上昇を記録した。この下落は、S&P500指数が16.9%上昇し、水曜日に初めて5,600を上回って引けたのとは対照的である。

当ブログでは「実績のあるEAを1~2個購入、それらの苦手な相場を補うEAを自作」という手法をおすすめしています。

謎の癒し系FXトレーダー。 このブログは羊飼いの相場ノート。朝の記事は必見。

今年初め、投資分析会社モーニングスターは、アークの損失は2023年12月31日までの過去10年間で143億ドルの株主価値を破壊したと報告した。モーニングスターの報告書について、アークからもウッドからも回答はなかった。

日本銀行では、2007年1月4日以降、外国為替市況を毎営業日の営業時間終了後にホームページ上で公表しております。本統計は、外国為替市場参加者からの情報を基に作成しており、訂正が入る可能性がある旨ご留意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました