【見通し】株式明日の戦略-42000円も難なく突破、米CPIは株高加速の材料となるか

FXブログ
【見通し】株式明日の戦略-42000円も難なく突破、米CPIは株高加速の材料となるか

11日の日経平均は大幅に3日続伸。終値は392円高の42224円。

 東証プライムの騰落銘柄数は値上がり1251/値下がり356。米半導体株の上昇を追い風に、ディスコ、ソシオネクスト、SUMCOなどが大幅上昇。ソニーGが3%を超える上昇となり、年初来高値を更新した。三菱自、マツダ、SUBARUなど自動車株の一角に強い動きが見られた。初配の実施を決定したプログリットや、上方修正・増配を発表したトレジャーファクトリーが急騰した。

 一方、三菱重工が大幅安。三菱UFJや三井住友など銀行株が軟調となった。米国では半導体株が強かったが、アドバンテストやSCREENは追い風に乗れず下落。1Qが大幅な減益となった吉野家HDが急落した。株主優待を廃止して配当に集約することを発表したサイゼリヤは2.3%安。優待廃止を嫌気して下落したものの、3Q決算が好調であったことなどから、売り気配で始まった後は値を戻した。

 日経平均は3営業日連続で3桁の上昇。42000円の節目も難なく超えてきた。足元高値圏で推移していた銘柄には利益確定売りも出てきたが、全体としてはしっかりとした動きが続いた。10日の米国株は利下げ期待から強い上昇となったが、本日発表の米6月消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回るようなら、その期待は一段と高まる。10日の上昇で弱いCPIを前のめりに織り込んでいる可能性はあるものの、米国の長期金利が低下傾向となるのであれば、株を売る理由はない。CPIが意外に強かった場合には楽観に傾いた分の修正は入るだろうが、12日には米6月生産者物価指数(PPI)の発表もあるだけに、売り急ぎは抑制される公算が大きい。本日引け後に出てきたファーストリテイリングの3Q決算では、通期見通しが上方修正され、増配が発表された。良い流れが続くお膳立ては整っているだけに、4日連続の3桁上昇に期待したい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】株式明日の戦略-42000円も難なく突破、米CPIは株高加速の材料となるか

見通し 株式明日の戦略42000円も難なく突破 米CPIは株高加速の材料となるか

米国株を取引する際に知っておきたい情報はこちら。米国株式市場に影響を与えるニュースからトレンド分析まで、IG証券のマーケットアナリストが解説します。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました